So-net無料ブログ作成
検索選択
市川雷蔵 眠狂四郎登場 ブログトップ

眠狂四郎円月斬り(第3作) [市川雷蔵 眠狂四郎登場]

眠狂四郎円月斬り(第3作目)
(1964年製作、安田公義監督、脚色:星川清司、撮影:牧浦地志、音楽:斎藤一郎、原作:柴田錬三郎
市川雷蔵、浜田ゆう子、東京子、丸井太郎、佐々木孝丸、伊達三郎、成田純一郎、植村健二郎、水原浩一、毛利郁子、若杉曜子)
   
眠狂四郎シリーズ第3作目である。
将軍の宿した妾腹の子の野望を打ち砕く作品で、狂四郎特有の隠れキリシタンに関係するエピソードや怪奇的な残忍さやエロチックさは、未だ反映されていない。

将軍家斉の妾腹の子、片桐高之は、密かに次期将軍の座を狙っていたが、幕府は、その行状を知り厄介者扱いをしていた。
片桐は、名刀を収集しては、試斬りで農民を殺害していたが、たまたま、現場に居合わせた狂四郎は、父親を殺された太十(丸井太郎)と出会い、父親の無念を晴らしたいとの思いを知る。

現場にいたことで、片桐家に狙われることにもなるが、狂四郎の愛刀無双政宗に眼をつけた片桐は、剣を手に入れようと狂四郎を襲う。
豪商山崎屋(水原浩一)は、娘小波を将軍の妻としたいとの思いから片桐家に経済的な支援を行っていたのだが、狂四郎は小波を襲い犯す。

前半のストーリーを書き連ねたが、この後太十の命と引き換えに無双政宗を手放し、囚われの身となるが、犯され憎んだはずの狂四郎に秘かに思いを寄せる小波に助けられ、愛刀を取り戻した狂四郎の円月殺法が、悪の野望を打ち砕くというストーリー。

大映の名脇役、伊達三郎が、手裏剣の名手むささびの半蔵に扮し出演。
この時期の「座頭市」シリーズや「眠狂四郎」シリーズには、ほとんど顔を出している。豪商に扮した水原浩一も良く見かける俳優で、五味龍太郎、木村玄などとともに、大映映画を支えた俳優達である。

眠狂四郎シリーズは、この作品以降どんどん通常の時代劇とは、一線を画し、よりエロチックに、より猟奇的な魅力を発揮していく。
大映の生んだ異色の時代劇で、異才を放った。
主演の市川雷蔵の役作りが、独特のクールさを醸し出し何とも言えぬ男の色気を発散する。

“毎日が映画日和” 65点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

眠狂四郎殺法帖(第1作) [市川雷蔵 眠狂四郎登場]

☆眠狂四郎殺法帖(第1作目)
(1963年公開 田中徳三監督、脚本:星川清司、撮影:牧浦地志、音楽:小杉太一郎、原作:柴田錬三郎    
市川雷蔵、城健三郎(若山富三郎)中村玉緒、小林勝彦、伊達三郎、木村玄、扇町景子、沢村宗之助)
       
記念すべき眠狂四郎第1作。
柴田錬三郎の描く主人公のダンディズムと、異国情緒漂う雰囲気、エロチシズムが人気のシリーズで12本制作された人気シリーズだった。市川雷蔵が亡くなったために製作が中止されたのは、誠に残念。(後に、松方弘樹主演で制作されたが2作で終わった)

転びバテレン(信仰を裏切る宣教師)とキリシタンの母の子として産まれたというキャラクター設定で、後の作品に良く見られる隠れキリシタンのエピソードや、狂四郎の出生の秘密に迫る様なストーリーは、まだ描かれていない。

前田藩の藩主前田公(沢村宗之助)と豪商銭屋五兵衛(伊達三郎)の密貿易に絡む陰謀を暴く、狂四郎の活躍を描いたこの作品は、実の娘でありながらその事実を隠されたまま前田公に使える千佐(中村玉緒)とのほのかな恋心や復讐を誓う少林寺拳法の使い手陳孫(城健三郎)との対決も交え、快調な娯楽時代劇となっている。

大名行列や修行僧のシーンなど時代劇らしい雰囲気作りもなかなかで、時代劇の定石を踏まえた作品となっている。
人気を博したおどろおどろしい残虐シーンや出演女優陣によるエロチシズム溢れる世界観は描かれておらず、どちらかというと東映時代劇の片岡千恵蔵の大岡越前や市川歌右衛門の旗本退屈男(早乙女主水助)路線を踏襲するような感じである。

千佐の出生の秘密や密貿易の証拠が隠された仏像の謎を中心に描かれている。眠狂四郎のクールなキャラクターはこの作品からも十分感じられるが、キャラクターが際だってくるのは2作目以降となる。
陳孫は、「第4作女妖剣」にも出演するが、結局最後まで決着は付かなかった。
(城健三朗は、東映で似た様な作品「極悪坊主」シリーズに主演している。)
このシリーズは、常連女優の出演が多く、久保菜穂子4本、藤村志保4本、中村玉緒2本、水谷八重子2本、高田美和2本準主演で出演している。
この作品のヒロインは、中村玉緒で初々しい可愛いさが(最近のテレビ出演時とのギャップ)信じられない。円月殺法の誕生について描かれている場面がある。眠狂四郎ファンは必見の映画である。

“毎日が映画日和” 70点 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
市川雷蔵 眠狂四郎登場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。