So-net無料ブログ作成
検索選択
中国映画の底力が凄い! ブログトップ

さらば我が愛/覇王別姫 [中国映画の底力が凄い!]

☆さらば我が愛/覇王別姫
(1993年制作、チェン・カイコ―(陳凱歌)監督、脚本:李碧華、蘆葦
音楽:チャオ・ジーピン(趙季平)、撮影:顧長衛
レスリー・チャン、チャン・フォンイー、コン・リー、リゥ・ツァイ、グォ・ヨウ、ファン・フェイ、イン・ダ―)
   
チャン・カイコ―監督作品では最も有名な作品で、172分の堂々たる大作である。
日中戦争前から文化大革命後まで、約50年に及ぶ激動の中国を舞台に京劇に人生を捧げた2人の役者の人生を綴る壮大な叙事詩で、中国の歴史が良くわかる映画でもある。

幼くして京劇俳優養成所へ入れられた小豆は、遊郭で働いている母親から捨てられるように預けられ、周りから蔑まされるが、仲間の石頭が、庇ってくれ、成長するにつれ石頭への信頼が、いつの日か報われぬ思慕へと変わっていく。

この子供時代の修行の様子や厳しい懲罰などを描いた前半部分が、映画に引きこまれる巧みな演出、子供達がいききと描かれている。
成長した2人は、「覇王別姫」を演目の中心とした京劇の大スターとなっていたが、日中戦争やその後の共産党政権、文化大革命と時代の移り変わりと共に運命も翻弄されていく、裏切りや自己保身などで2人の人生も大きく変わって行く。

さまざまな出来事が、幾重にも絡み合い2人の京劇俳優の人生を描いていくが、脚本も良く練られ、チェン・カイコ―監督の演出も粘り強く、わかり易く長尺版だが、それを感じさせない出来栄えである。
レスリー・チャン演ずる程蝶衣の綺麗さが抜きんでていて、とても男とは思えないほどでアクション物から恋愛映画まで幅広い芸歴が如何なく発揮されている、チャン・フォンイー演ずる段小樓の勇猛さも存在感抜群で、(大ヒット作「レッドクリフ:赤壁」での曹操役なども印象深い俳優)この映画の成功は、この2人のキャスティングによるところが大きい。

生命が危険にさらされ、信頼と愛情が崩れさる様子や、コン・リー演ずる菊仙の出現による嫉妬など人間の欲望や羨望も見事に描いている。
子供時代の修行の厳しさや、少年時代の大人の身勝手さによる屈辱、スターとなっても媚を売らざる負えない時代だったことも切なく描かれる。

英雄項羽とその姫虞美人の別れを描く2千2百年前の物語を京劇にした「覇王別姫」を題材に、演ずる2人の俳優の人生の出会いと別れを劇的に描く傑作である。11年ぶりに演ずる「覇王別姫」を2人が舞い終わった時、蝶衣は自ら命を絶つというストーリーは、「覇王別姫」の物語とリンクしており、見事な構成と演出である。

“毎日が映画日和” 文句なく100点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
中国映画の底力が凄い! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。