So-net無料ブログ作成
検索選択
面白いアクションサスペンス! ブログトップ

ジャック・アイリッシュー2人の父への鎮魂歌ーJack・Irish」 [面白いアクションサスペンス!]

☆ジャック・アイリッシュ--2人の父への鎮魂歌―「Jack Irish:Black Tide」
(2012年製作、ジェフリー・ウォーカー監督、脚本:マット・キャメロン、ピーター・テンプル、原作:ピーター・テンプル
ガイ・ピアース、マルタ・デュッセルドルフ、アーロン・ペターゼン、ロイ・ビリング、ダミアン・リチャードソン)
    
第1作目も面白かったが、2作目もクールなタッチで、淡々と進む展開が良い。
父親のフットボウルの同僚だったデス・コナーズからの依頼で、息子を探すこととなり、行方不明の息子、ゲリー・コナーズの捜索を始めるが、行方を追っていくと、警察組織、政府官僚と大手企業との組織的な陰謀に絡んでいることを知ることとなる。

依頼人だった男に妻を殺された元弁護士ジャック・アイリッシュの活躍を描く第2弾で、イカサマ競馬の仲間キャムやハリー、行き付けのパブの仲間やマスターなどお馴染みの仲間が、顔を揃えている。
恋人となった記者のリンダは、今回はキャスターとシドニーへ出張中で、亀裂が入りかけているという設定。

怪しげな刑事や周辺をうろつく不審な人物、たいした報酬もないのになぜそこまでということだろうが、この主人公の設定が、人情にもろいちょい悪親父系で、腕っぷしは強くないが、回転の良さで勝負するタイプで、好感が持てる。

派手な銃撃戦とか、爆破シーンなどはなく、凶悪の陰謀という割には、小粒な印象で、展開としては前回と同じようである。常連メンバーも馴染んできて、親しみが持ててきた感じがする。
肩肘の張った大作映画と称するテーマや物語性のない、VFX満載が映画だと思い込んでいるような作品と違い、小品だがオーストラリアを舞台に展開するハードボイルド・タッチ風のサスペンスは、意外と気楽に楽しめる。

“毎日が映画日和”70点

サブウェイ・パニック「The Taking of Pelham One Two Three」 [面白いアクションサスペンス!]

☆サブウェイ・パニック「The Taking of Pelham One Two Three」
(1974年製作、ジョセフ・サージェント監督、脚本:ピーター・ストーン
音楽:デヴィット・シャイア、撮影:オーウィン・ロイズマン、原作:ジョン・ゴーディ
ウォルター・マッソー、ロバート・ショウ、マーティン・バルサム、ヘクター・エリゾンド、アール・ハインドマン、ジェリー・スティラー、リー・ウォレス)
   
面白い!面白い!
ニューヨークの地下鉄を乗っ取り、乗客を人質に身代金100万ドルを要求するという前代未聞のサブウェイジャック事件を描いている。
無駄を一切排除した脚本、サスペンスの盛り上げ方も上手い、どことなくユーモアの漂う保安警部ガーバー(ウォルター・マッソー)と緊迫感漂うハイジャック犯4人組のリーダー、ブルー(ロバート・ショウ)のバランスも非常に見事。

犯人役グリーン(マーティン・バルサム)、グレイ(ヘクター・エリゾンド)、ブラウン(アール・ハンドマン)達のキャラクターも凝っていて、グリーン以外の、それぞれの死際もキャラクターに合っていて、リーダーブルーの死際は、壮絶な電気ショックによるもので、身体中から煙が出るという演出。

一人逃れたグリーンも、カーバーの追及に咳き込んだことで、犯人と解ってしまうという落ちも洒落ていて、エンディングのガーバー(ウォルター・マッソー)の“犯人は、お前だろう”とでも言っているような表情が忘れられない。

練りに練られた脚本が、この映画の生命線で適度に過激なシーンも描かれ、(車掌を撃ち殺したり、身代金を運ぶパトカーが横転したり等)退屈させない。
犯人達が、変装し色の名前で呼び合うというアイデアも、見事。
ジョセフ・サージェント監督は、テレビ映画を中心に活躍したが、劇場用映画にも見応えのある作品がある。「地球爆破作戦The Forbin Project」「白熱:White Lightning」「マッカーサーMacArthur」等。

ウォルター・マッソー、ロバート・ショウ、マーティン・バルサムは、実績のある名優たちで、流石の演技を見せてくれる。この作品は、この3人が出演してこその作品となっている。

2009年トニー・スコット監督「サブウェイ123」でリメイクされた。ガーバー役はデンゼル・ワシントン、ブルー役は(ライダーと名前は変更されている)ジョン・トラボルタで、ユーモアは一切排除され硬派の重厚なサスペンス作品となったが、作品の完成度は、ジョセフ・サージェント版の方が高い。

この時代、デザスターパニック映画が世界中でヒットし、大仕掛けの作品が多かった中で、アイデアと面白い脚本で勝負した佳作である。
面白くてスカッとする、ジョセフ・サージェントの最高傑作ではないだろうか。

“毎日が映画日和” 100点(こんな映画が大好き!)


0011ナポレオン・ソロ対シカゴ・ギャング「The Spy in the Green Hat [面白いアクションサスペンス!]

映画はみんな面白い――617
☆0011ナポレオン・ソロ対シカゴ・ギャング「The Spy in the Green Hat」
(1967年製作、ジョセフ・サージェント監督、脚本:ピーター・アラン・フィールズ、撮影:フレッド・コーネカンプ、音楽:ジェラルド・フリード
ロバート・ヴォーン、デヴィット・マッカラム、ジャネット・リー、ジャック・パランス、レオ・G・キャロル、レティチア・ローマン、ジャック・ラルー)

「0011ナポレオン・ソロ」は、1964年~68年までアメリカで人気を呼んだスパイもののテレビドラマで、日本では1966年~70年まで放映され、楽しんだものである。この作品は、長編版シリーズ(合計8作)の5作目である。

ゆったりとした展開、ゆる~いキャラクター設定の登場人物達、安っぽいセット作り、とってつけたような陳腐なストーリーと賞賛すべきものは何もない映画なのだが、どこか懐かしい匂いで、長~いなあと思いながらも最後ま我慢できた。
テレビシリーズの延長線上の作品で、最近の映画の様に派手な見せ場があるわけでもなく、爆破シーンや激しい銃撃戦がある訳でもないスパイ物。

イタリアはシチリア島を本拠とするスラッシュ(悪の組織)対ニューヨークを本部とするアンクルのエージェント、ナポレオン・ソロ(ロヴァート・ヴォ―ン)とイリヤ・クリヤキン(デヴィット・マッカラム)が、スラッシュの企む陰謀を阻止しようとイタリア、シカゴを舞台に活躍する作品。

共演者は、スラッシュの幹部にジャック・パランスが扮し、ちょっとコミカルな悪役を演じている。身の置き場を持て余しているような雰囲気で強面のイメージの強い俳優だけに、何故この役を引き受けたのか、不思議なくらいである。
ジャネット・リー(出演時40歳)もとてもリラックスしているようで、22歳で出演した「若草物語:Little Women」の頃の面影もまだ残っている。

ニューヨークの年老いたイタリアン・マフィア達(往年の名優たちが出演している)が面白かったが、すぐ敵に捕まるソロとイリヤが設定上弱すぎる。まあ、脚本上の設定なので仕方ないのだが、今年間もなく0011ナポレオン・ソロのリメイク版新作「コードネームはU・N・C・L・E」が公開予定とのこと。アメリカでは既に公開済みのはずで、あまり評判を聞かないところを見ると、面白い作品とならなかったかと心配になるが、楽しみである。

多分、この作品はテレビで言うスペシャル版としてのテレビ放映用だったものだろう。
ロバート・ヴォ―ン主演というよりは、デヴィット・マッカラムとの2枚看板(実際にも同い年)の様な扱い方で、両社とも見せ場は五分五分というところ。裏覚えだが、スタート当初はロバート・ヴォ―ンの活躍が目立ったが、徐々にイリヤの人気が挙がり、活躍の場面が増えて行ったような記憶がある。中学生の頃、同級生の女性達が、イリヤの方がかっこいいと話していたのを覚えている。女性受けする雰囲気を持っていた俳優で、映画の実績は、ロバート・ヴォーンに及ばないが、最近まで、テレビドラマで活躍していた(「NCISネイビー犯罪捜査官」)。

懐かしんで見るにはいいのだが、テンポの良いアクションサスペンスを期待するとがっかりすることだろう。

“映画はみんな面白い”☆☆☆☆

クリフハンガー「Cliffhanger」 [面白いアクションサスペンス!]

☆クリフハンガー(シルベスター・スタローン)「Cliffhanger」
(1993年製作、レニー・ハーリン監督、脚本:マイケル・フランシス、シルベスター・スタローン、音楽・トレヴァー・ジョーンズ、撮影:アレックス・トムソン、ノーマン・ケント、原案:ジョン・ロング
シルベスター・スタローン、ジョン・リスゴー、マイケル・ルーカー、ジャニーン・ターナー、レックス・リン、レオン、キャロライン・グッドール)

 
サスペンスアクション傑作の1本!!
題名は、「崖に宙づりになるもの」という意味で、前半は言葉通り手に汗握る山岳アクションを次から次と見せてくれる。
当時、人気絶頂で、映画も大ヒット(興行収入2億5千万㌦超)、落ち目だったスタローン人気が復活した映画でもある。

レニー・ハーリン監督には「ダイ・ハード2:Die Hard2」「ディープ・ブルー:Deep Blue Sea」等のヒット作がある。
この作品は、第66回アカデミー賞視覚効果、音響編集、録音賞にノミネートされている。

ロッキー山脈を舞台に山岳救助隊員の苦難と活躍を描く、超ド級のアクション・サスペンス作品で、題名の「クリフハンガー」には、映画用語で“手に汗握る連続活劇”という意味もあり、その通りの映画に仕上っている。

主人公ゲイブ(シルベスター・スタローン)と同僚タッカー(マイケル・ルーカー)の確執を生んだ救助シーンを冒頭に描いて、まずは観客の度肝を抜くスリルと恐怖を描き、観客の心を一挙に掴む。
映画のストーリーを要約すると、財務省の現金輸送機を狙った犯罪組織が、捜査員のトラヴァースを仲間に引き入れ、輸送機を襲う。

大型ジェット機から小型ジェット機へ紙幣の入ったケースを空中ケーブルで渡そうとするのだが、生き残った政府側の捜査員に銃弾を撃ち込まれ、ケースが山中に落ちてしまう。
クェイラン(ジョン・リスゴー)をボスとする悪人たちは、ケースを探す為、山岳救助員を呼び、タッカーとゲイブが救出に向かい、さまざまな困難に立ち向かい(脅迫されながら山中を案内する2人だが)、別々になり敵に立ち向かい犯罪組織を壊滅させるというストーリー。

悪役の親玉を演ずるジョン・リスゴーが、相変わらず強面の顔で、怖がらせる。
仲間も平気で殺す非情な人物を演じ、ふれぶてしい演技を見せる。
裏切り者の捜査員を演ずるレックス・リンも良く見かける俳優で、名脇役の一人である。

当時としては、珍しかったロック・クライミングシーン(スタントマンは、世界のトップクライマーが演じている)が見せ場で、ロッキー山脈でのロケ撮影の他に、イタリアのドロミーティ山で撮影されているという。爆破シーン等は、特撮も使われている。
(2000年MI-2で、トム・クルーズがロック・クライミングシーンを導入し話題になったが、その7年前に、既にド迫力のロック・クライミングシーンが、スタローンによって描かれているのが、興味深い。)

残念ながら後半は、さすがに息切れした感が強く映画のトーンも下がり特撮シーンが増え、スタローンの大根ぶりが目立って来るのが残念なのだが、肉体派の大スター、スタローンが輝いた最後の作品だったかも知れない。

山岳救助隊員のへリコプター操縦士フランクが、殺されるのはちょっと余計なシーンだったと思うし、必要なかったシーンでもある。
それにしても、雪山でT-シャツ1枚で動き回ることは、不可能だと思うのだが、、、、、、。フィクションと言えども、あまりにもリアリティーが無さ過ぎるのではないだろうか。

タッカーの恋人を救出できず、谷底へ落ちてしまうエピソード、ゲイブの恋人ジェニーとの心の擦れ違い、タッカーとゲイブの確執などを省き、ストレートに犯罪組織と山岳救助員の戦いという、シンプルな作品にした方が、もっと面白くなったかもしれない。

それにしても、スタローンは、69歳の今でもバリバリの肉体派として現役のスターで、「エクスペンダブルズ」シリーズで相変わらずヒット作を生んでいる。
監督、脚本、主演とまだまだ現役で楽しませて欲しい俳優の一人である。
スリルとサスペンスを存分に味わえる山岳アクションで、面白かった。

“毎日が映画日和” 80点



ミッション・インポッシブルⅢ「Mission ImpossibleⅢ」 [面白いアクションサスペンス!]

☆ミッション・インポッシブルⅢ「Mission Impossible Ⅲ」
(2006年制作、J・J・エイブラムス監督、脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス、音楽マイケル・ジアッキーノ
撮影:ダニエル・ミンデル
トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ローレンンス・フィシュバーン、マギー・Q、ミシェル・モナハン)
   
シリーズ3作目となるスーパーアクション映像の乱れ撃ち映画
これでもかこれでもかの矢継ぎ早の危機、危機の連続をCG満載で映像化。
ベルリン、ローマ、バチカン上海等でロケされ、1億5千万ドルの制作費で、世界の興行成績では、4億ドル稼ぎ映画としては大成功だろう。

現役を退き、教官としてエージェントの育成をしていたイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、優秀な部下のリンジーが囚われの身となったことで、救出に向かう、無事救出したが帰還途中で頭に仕掛けられた爆破装置で、リンジーを死なせてしまう。

リンジーの残したメッセージには、IMFのブラッセル局長(ローレンス・フィシュバーン)が、闇の商人ディヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)と結びつき組織を裏切っているというものだった。イーサンは仲間と一緒にディヴィアンの拘束に成功するが、移送途中ディヴィアンを奪回されてしまう。

橋の上で移送途中奪回されるシーン、妻を人質に獲られ追い込まれる場面といい、過去の映画のシーンの良いとこ取りしたような脚本で、ちょっと在り来たりだった。上海のビルから飛び降りるシーンは、さすがに迫力満点だが、奪った”ラビット・フィット“が、道路を転がりなかなか入手できないシーンは、ちょっといただけない余分なシーン。

最後は、ハントが頭に時限装置を仕掛けられ、電源を切るため一度電気ショックで仮死状態になるというアイデアは、面白かった。
まあこの手の映画は、どれだけ観客を飽きさせず、ハラハラさせるかに掛かっているので、脚本が安っぽくなるのは仕方ないのだが、最1作目、2作目よりはチームでの活躍により比重が置かれ、テレビの「スパイ大作戦」とまでは行かないが、チームでの連携が生かされた内容となっている。
次は、どんな趣向か楽しみである。

“毎日が映画日和” 80点


ダイ・ハード3「Die Hard:With a Vengeance」 [面白いアクションサスペンス!]

☆ダイ・ハード3「Die HARD:With a Vengeance」 
(1995年制作:ジョン・マクティナアン監督、脚本:ジョナサン・へんズリー、音楽:マイケル・ケイメン、撮影:ピーター・メンジース・ジュニア
ブルース・ウィリス、ジェレミー・アイアンズ、サミュエル・L・ジャクソン
ラリー・ブリッグマン、コリーン・キャンプ、グラハム・グリーン、サム・フィリップス、ニック・ワイマン)
   
映画の冒頭、いきなりニューヨークの街で爆発事件が起こるのだが、このシーンが凄い。
観る観客を一挙に映画に引き込んでいく。

映画作りの基本、“掴み”は最高である。ジョン・マクティアナン監督の演出も冴えている。
今作では、ニューヨーク市内の学校爆破事件に翻弄されるが、実はニューヨークにあるアメリカ連邦準備銀行の地下に眠る金塊を奪うのが目的で、マクレーン刑事が途中でそれに気付き、強奪犯を追いかけることとなる。

相棒は、電気店の店主でサミュエル・L・ジャクソン、黒人の差別問題などで、反目しあうが危機を脱していくにつれ名コンビに成長していくあたりの演出が上手い。
敵役の主犯は、第1作のビル占拠事件でマクレーンに殺害されたグル―バーの兄という設定で、復讐が犯行の動機だと思わせ金塊を狙う。学校爆破のエピソードに居残る子供達の動機もしっかり映画冒頭に描かれていて、細部まで行き届いた脚本なのだが、後半は少し雑になった。タンカーに金塊を積み替え、舟もろとも爆破し、金塊は海底に沈むというのだが、実は積み込む前にすり替えていたという設定。

サイモン役のジェレミー・アイアンズが、特異なキャラクターで映画に厚みを持たせる悪漢を演じている。ブルース・ウィリスは、まだ体型もシリーズ1~2作と変わりなく(ちょっと太った?)得意のジョークとため口でサイモンとのやり取りの中でアスピリンを貰ったことがきっかけで、居場所が特定でき、ヘリコプターで逃げようとするサイモンを、マクレーンがヘリコプター毎大破するという結末で、観客を楽しませるという徹底したハリウッド流のサービス精神溢れたエンターテイメント作品である。

“毎日が映画日和” 80点

イレイザー「Erazer」 [面白いアクションサスペンス!]

イレイザー「Erazer」
(1996年製作 チャールズ・ラッセル監督、脚本:トニー・プライヤー、ウォロン・グリーン、撮影:アダム・グリーンバーグ、音楽:アラン・シルヴェスト
アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェームズ・カーン、ヴァネッサ・ウィリアムス、ジェームズ・コバーン、ロバート・パストレリ、ジェームズ・クロムウェル、アンディ・ロマーノ、ニック・チンランド、ジョー・ヴィテレッリ)
      
アーノルド・シュワルツェネッガーが、証人保護プログラムを任務とする連邦保安官クルーガーを演ずるアクション活劇巨編。

軍需産業サイレス社が、国務次官ダニエル(アンディ・ロマーノ)やクルーガーの上司であり友人のロバート(ジェームズ・カーン)等と結託して最新鋭兵器電磁砲(EM銃)をロシアン・マフィアへ売却するのを、阻止する作品。
サイレス社の秘密を知る社員カレン(ヴァネッサ・ウィリアムス)の証人保護を依頼され、一緒に立ち向かうこととなる。シュワルツェネッガーは、どんな映画でもパターンは一緒で、そんなに代わり映えはしないが、取り巻く脇役陣が楽しい。

大好きなジョー・ヴィテレッリが、クルーガーに協力するジョニー(ロバート・パストレリ)の従兄弟でボルティモアの港を牛耳るボスに扮し、楽しませてくれる。出演作品は少ないが、強面で大きくて強烈な印象を残す俳優で、どこかユーモラス。2004年亡くなってしまったのは、残念だった。

ジェームズ・コバーンは、連邦保安官達の上司本部長役で、出番こそ少ないが貫録を見せている。この頃は脇役も多いが、この映画の翌年、1997年アカデミー賞助演男優賞を受賞している。(「白い刻印:Affliction」
ヴァネッサ・ウィリアムズ(出演時33歳)は、ミス・アメリカにも輝いたブラックビューティーで、本当に美しい。歌手としても成功していて、ミュージカルもこなす女優としても大活躍で、映画への出演も多い。この映画でも、大活躍を見せている。

監督のチャック・ラッセルは、「スコーピオン・キング:The Scorpion King」の監督や「コラテラル:Collateral」のプロデューサーとしても知られるが、あまり馴染みは無い。シュワルツェネッガーが、映画で亡くなることはないので、どういう結末となるのかを楽しむ映画で、悪役が大物俳優ジェームズ・カーンとくれば文句なく、スカッとする映画となっている。

ラストの爆破シーンや列車の衝突で一味をやっつけるアイデアも面白い。
約2時間、ワニに襲われるシーンや、銃撃シーンにわくわくしながら楽しむ映画。

“毎日が映画日和” 80点


面白いアクションサスペンス! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。