So-net無料ブログ作成
歴史的人物を描いた佳作 ブログトップ

ピーター・セラーズの愛し方「The Life and Death of Peter Sellers」 [歴史的人物を描いた佳作]

☆ピーター・セラーズの愛し方「The Life and Death of peter Sellers」
(2004年制作、スティーブン・ホプキンス、脚本:クリストトファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー、音楽:リチャード・ハートレイ
撮影:ピーター・レヴィ、原作:ロジャー・ルイス
ジェフリー・ラッシュ、シャリーズ・セロン、エミリー・ワトソン、ジョン・リスゴー、ミリアム・マーゴリイーズ、スタンリー・トゥッチ、ソニア・アキーノ、スティーブン・フライ)
   
珍優、怪優として知られるピーター・セラーズの半生を描いた映画で、これまた怪優ジェフリー・ラッシュが、ピーター・セラーズを演じている。
そっくりなことにまず驚くが、ジェフリー・ラッシュの演技力が凄い。

冒頭、ピーター・セラーズが、ラジオで活躍していて、映画に出ようと苦労するエピソードなどが、面白可笑しく描かれ、英国アカデミー賞受賞から、離婚に至る経緯(なんとソフィア・ローレンへの一方的な片思い)ブリット・エクランドとの出会いと別れなどを描く。

「ピンクの豹:The Pink Panther」「博士の異常な愛情:Dr,Strangelolove」、「007カジノ・ロワイヤル:Casino Royale」「チャンス:Being There」などのエピソードが、紹介され本当に変人だったのではないかと思わせる。両親が多大な影響を与えていて、特にマザコンと思えるほど母親への思いが深い。

ソフィア・ローレン(「求むハズ:The Million Airress」で共演)への思いや、ブレイク・エドワーズ監督(ジョン・リスゴー)との20年の付き合い、スタンリー・キューブリックとの映画製作の過程や、最後の作品となった「チャンス」への強い思いなどあまり知られていないエピソードが興味深かった。
ブリット・エクランドを演じたシャリーズ・セロンが、そっくり。フアッションや化粧がエクランドと見間違うほどで、熱演を見せる。

クルーゾー警部誕生のエピソードも勿論紹介されているが、54歳で心臓麻痺により亡くなるまでの家庭内の子供達との関係、最初の妻アン(エミリー・ワトソン)との離婚やその後の関係なども含めて、ダイジェスト版のように描かれる。39歳で倒れてから、ピースメーカー生活だったとのこと。

アメリカでは、テレビ映画として放映されたため、エミー賞等で高い評価を得た作品でもある。
ジェフリー・ラッシュの癖のある演技は、あまり好みではないのだが、この映画は、適役で個性が生かされていた。
“毎日が映画日和” 70点


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

セブン・イヤーズ・イン・チベット「Seven Years in Tibet」 [歴史的人物を描いた佳作]

☆セブン・イヤーズ・イン・チベット「SevenYears inTibet」
(1997年製作 ジャン・ジャック・アノー監督、脚本:ベッキー・ジョンストン、撮影:ロベール・フレース、音楽:ジョン・ウィリアムズ
ブラッド・ピット、デヴィッド・シューリス、B・D・ウォン、マコ、ジャムヤン・ジャムッォ・ワンチュク、ジェツン・ペマ、リック・ヤン)
     
1939年オーストリアの登山家ハインリッヒ・ハラ―が、ヒマラヤ登頂をめざし出発するが、登山の途中第2次世界大戦の勃発で、ナチス党員ということで、逮捕されてしまう。収容所から脱出し、チベットへ逃げ延びることになる。

滞在するチベットの首都ラサでの、7年間のダライ・ラマとの交流を描く大作である。ハインリッヒ・ハラ―の自伝の映画化で、ダライ・ラマとは2006年ハラ―が死去するまで交流は続いたという。
ジャン・ジャック・アノー監督が、中国領チベットでのロケが出来ず、大半をアルゼンチンでロケした映画、ただ、2人の映画クルーをチベットに潜入させ撮影した部分を20分間映画に加えているとのこと。
チベット亡命政府は、現在インドのダラムサラに置いていて、79歳と高齢になったが、国家元首ダライ・ラマは、精力的に世界中を飛び回っている。

映画は、混沌としたオーストリアの駅からスタートする、妊娠した妻を残し登山へ向かうハラ―、ホームに残された身重の妻は泣き出し友人が寄り添う、結果としては、この友人が離婚した妻と子供を引き取る形で結婚する。
ハラ―は、子供への思いを胸に秘めながらチベットで暮らし7年後、オーストリアへ戻り息子を訪ねるが、会えないままとなる、ただラストシーンでは、息子と登山をする場面で終わっている。

ジャン・ジャック・アノー監督は、「薔薇の名前:Le Nom de la Rose」「愛人:L'Amant」と見応えある映画を作るのだが、この映画も例に漏れず大作で、非常にデリケートな題材だが、ダライ・ラマとの交流や中国のチベット侵攻を描いていく。前半の登山までのシーン、収容所から脱獄するまでのシーン、チベットでの日々を描くシーンとまるで別の映画を観る様な感じである。

親友となるピーターとの確執と友情、ダライ・ラマへの親愛なども描かれ、盛りだくさんの内容となっている。
チベットへ侵攻し100万人を殺害し、6000からの寺院を破壊したとテロップに流されるが、事実としたら、中国の侵略戦争の事実がそこにあることとなる。ジャン・ジャック・アノー監督、主演のブラッド・ピットは中国への入国は今でも、できないということで、当然この映画の中国国内での上映は禁止されている。
(ジャン・ジャック・アノー監督の11年ぶりの新作は、「神なるオオカミ」で、文化大革命時代の内モンゴルを舞台としている)

“毎日が映画日和” 85点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヴィクトリア女王 世紀の愛「The Young Victoria」 [歴史的人物を描いた佳作]

☆ヴィクトリア女王 世紀の愛「The Young Victoria」
(2009年公開 ジャン=マルク・ヴァレ監督、脚本:ジュリアン・フェロウズ、撮影:ハ―ゲン・ポグダンスキー、音楽:アイラン・エシュケリ 製作:マーティン・スコシッセ   エミリー・ブラント、ルパート・フレンド、ポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソン、マーク・ストロング、ジム・ブロードベント、ハリエット・ウォルター)
       
1837年の即位から1901年崩御するまで君臨した英国女王ヴィクトリアの、即位前の王室の関係や、結婚後夫アルバートと共同統治に至るまでの過程を描いた映画。歴史的興味からも、見て損はしない映画。

政治家や家族までを巻き込む権力争いの中で、良き理解者である夫に恵まれ、子供を9人産み、63年と7カ月に亘って英国を統治した女王で、英国の黄金時代を築いた女王である。アカデミー賞衣裳デザイン賞を受賞し、美術賞、メイクアップ賞にノミネートされている。

主演のエミリー・ブラントは今、売出し中の女優さんで、最近もトム・クルーズと共演した「オール・ユー・ニード・イズ・キル」というSF映画で、鍛え抜かれた戦士の役を演じていた。この映画では、若さゆえの判断の間違いや不安な揺れる心情を巧みに演じていて、なかなかの演技派である。
難を言えば、華が無いかもしれない。実際の女王も美人だったわけではないので、地味な女優を選んだということかも知れないが、、、、、、、、。

映画の空気を損なわないため、イギリス出身の俳優で固められたこの映画は、
(史実に沿って脚本が描かれているものと思うが)当時の様子を再現し、見る側にたとえ女王といえども民衆の噂や評判を気にせざる負えない立場だったことを、教えてくれる。

結果として正しかったのかどうかわからないが、政治家の提案を拒否したり、政策に対する要望等を述べるに際し、毅然と対応する女王の姿勢を強調する映画となっている。夫アルバートが無くなって10年以上喪に服し、忠義を尽くしたという事実からも、夫への深い愛情を感ずるが、政治家達には、折衝が難しい女王だったのかも知れない。

英国王室を彩った実在の人物達の映画化を許し、ジョージ6世を描いた「英国王のスピーチ」や「エリザベス1世」を描いた映画もそうだが、英国王室の開かれた姿勢には親近感を感じる。日本の王室を映画化するというと、多分許可はでないだろう。

“毎日が映画日和” 80点

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
歴史的人物を描いた佳作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。