So-net無料ブログ作成
ピーター・イエ―ツを追っかけろ! ブログトップ

ディープ「The Deep」 [ピーター・イエ―ツを追っかけろ!]

☆ディープ「The Deep」
(1977年製作 ピーター・イェーツ監督、脚本:ピーター・ベンチリー、トレイシー・キーナン・ウィン、音楽:ジョン・バリー、撮影:クリストファー・チャリス  原作:ピーター・ベンチリー
ロバート・ショウ、ジャクリーン・ビセット、ニック・ノルティ、ルイス・ゴセット・JR、イーライ・ウォラック、アール。メーナード、ロバート・テシア)
     
1975年「ジョーズ」の大ヒットに続いて制作された「海洋」映画で、原作も同じピーター・ベンチリー、主演も「ジョーズ」に続いてロバート・ショウで、ヒットの条件は揃ったのだが、「ジョーズ」ほどは、ヒットしなかった作品。
只、映画としては、十分面白い映画で楽しめた。

ハネムーンでダイビングを楽しむゲイル(ジャクリーン・ビセット)とディヴッド(ニック・ノルティ)が、古いコインとアンプルを回収する。
そのアンプルが、モルヒネで第2次大戦中に沈没した貨物船のものと判明、古いコインもスペイン船の財宝の一部とわかってくる。モルヒネを巡る争いで、ルイス・ゴセットをボスとする組織から狙われ、襲われるが、地元の灯台に住むトリース(ロバート・ショウ)の助けもあり、暗黒街の一味は、殺され、スペインの財宝も見つかり、ハッピー・エンドとなる。

財宝を巡る海洋アドベンチャーとしては、面白く出来ておりピーター・イェーツの演出も快調で、出演陣の顔ぶれも見応え十分。
ジャクリーン・ビセット(当時33歳)が、女盛りの肢体を惜しげもなく披露し、華を添えている。

前作のサメほどの衝撃はないが、今回は”ウツボ“が衝撃を与える とはいってもそれほどでもないが、、、、、。
もう少し、財宝探しのシーンや謎の解明に比重をおいた方が、面白くなったように思う。
名優イーライ・ウォラックが、怪しげな貨物船の生き残り船員で出演し、ベテランの演技でみせてくれる。
ルイス・ゴセット・JRが、暗黒街のボス役で大きな眼をギョロつかせて不気味な演技で、ジャクリーン・ビセットを大いに怖がらせてくれる。プロレスラーのアール・メーナードや強面の怪力役の多い脇役ロバート・テシアなどが脇を固めている。

2005年製作されヒットした「イントゥー・ザ・ブルー」は、この作品をモデルにしていると思われる。

“毎日が映画日和” 75点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大列車強盗団「EOBBERY」 [ピーター・イエ―ツを追っかけろ!]

☆大列車強盗団「ROBBERY」
(1967年製作 ピーター・イエ―ツ監督、脚本:エドワード・ボイド、ピ
ーター・イエ―ツ、ジョージ・マークスタン、撮影:ダグラス・スローカム
音楽:ジョニー・キーティング、原作:ジェラルド・ウィルソン
スタンリー・ベイカー、ジョアンナ・ベテット、ジェームズ・ブース、バリー・
フォスター、フランク・フィンレイ、ウィリアム・マーロー)
         
ピーター・イエ―ツ監督の出世作で、1963年にロンドン郊外で起きた列車
強盗事件を描く映画。

260万ポンド(今日だと4000万ポンドに相当)強奪にまんまと成功し、
潜伏をするのだが、15名の強盗団ともなるとほころびが出てしまうのは仕方
がないのか、一味の1名が空港で捕まってしまうことから、映画では次々と捕
まってしまう、実際は翌年逮捕されている。

首謀者のビッグスは30年の刑で服役するが、15か月後に脱獄し1970年
にブラジルへ逃れ、以来36年の逃亡生活を送りその後英国で8年間服役し、
その後釈放され2013年12月に死亡した。

宝石強盗で資金を稼ぎ、列車強盗の準備金に充てるあたり、また列車を襲うシ
ーンは緊張感が漂い、ピーター・イエ―ツの才能を感じるシーンとなっている。
ジェームズ・ブースが執念深い刑事役を好演している。スタンリー・ベイカー
は制作にも名を連ね、力のこもった演技を見せている。

全体の構成が良い。小品ながら脚本もしっかりしていて手を抜いていないのが
感じ取れる。
ピーター・イエ―ツ作品は、このところ意識して観ていたが、彼の
この作品が、「ブリット」以後に繋がっているのだということがよくわかる佳作
である。

ピリリと辛子が利いた映画で、食べ終わって上手かったなあ~“とい
う作品。以前も触れたが、イエ―ツ監督は、映画作りをよくわかっている
監督で、はずれの無い監督だが、マックィーンがこの映画を見て「ブリット」
に抜擢したというのは、あまり知られていないのではないだろうか。
彼の映画は、どれも一見の価値があります。

“毎日が映画日和” 85点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

事件を追え「The House on Carroll street」 [ピーター・イエ―ツを追っかけろ!]

☆事件を追え「The House on Carroll street」
(1,988年制作 ピーター・イエーツ監督、脚本:ウォルター・バーンスタイン、撮影:ミヒャエル・バルハウス、音楽;ジョルジョ・ドルリュー 制作:ロバート・ベントン    ケリー・マクギリス、ジェフ・ダニエルズ、ジェシカ・ダンディ)

       
極上のサスペンス映画となっている。
ピーター・イエ―ツ監督は、大好きな「ブリット」を初め、「ヤング・ゼネレーション」など、はずれのない安心して見られる監督の一人だが、未公開作品が多いのが残念で、この映画も、日本未公開作品の中の1本だが、最後まで楽しめる映画だった。

主演は、ケリー・マクギリスで、あまり好みの女優さんではないが、(大柄でアメリカ人好み?「刑事ジョンブック」「告発の行方」などで知られる)、この映画では好奇心旺盛な(雑誌「ライフ」を退職した)女性を演じている。
事件と関わっていく序盤の動機の部分が、掘り下げが弱い感じがするものの、暴こうとする組織の全容が徐々に解明してくるあたりのプロットの運びは、さすが、イエ―ツ監督で、結構楽しめる。

戦犯のナチス幹部を偽名で亡命させ、アメリカで働いてもらおうという政治家を含む組織ということが、わかってくるあたり、もう少しドラマチックな展開があっても良いと思うが、最後のニューヨーク・グランドセントラル駅のシーンが素晴らしい演出で、今までみたことのないシーンで迫力があった。

あんなところに、上れるのかと思うとニューヨークへ行ったときに是非、見に行きたいと思う。(上がるのではなく、グランドセントラル駅を見たい)
主演女優と相手役の刑事が、もう少し名の売れた俳優だったら、ヒットした作品だったろうと思う。キャスティングが、大事だということが良く分る映画である。

イエ―ツ監督の未公開作品は、このほかに「エディコイルの友人たち(73)」「イノセントメン(89)」「イヤー・オブ・ザ・コメット(92)」「最高のルームメイト(94)」「ニューヨークの亡霊(99)」など、見たい作品のてんこ盛りである。極上のとまではいかないが、かなり質の高いサスペンスで、お薦めの掘り出し物である。

“毎日が映画日和” 85点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ピーター・イエ―ツを追っかけろ! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。