So-net無料ブログ作成
日本映画 名作クラシック ブログトップ

鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん;マキノ正博監督) [日本映画 名作クラシック]

☆鴛鴦歌合戦(おしどり歌合戦)
(1939年制作、マキノ正博監督、脚本:江戸川浩二、オペレッタ構成・作詞:島田肇他、音楽:大久保徳次郎、撮影:宮川一夫
片岡千恵蔵、志村喬、市川春代、香川良介、服部富子、深水藤子、ディック・ミネ)
   
江戸時代を舞台にした日本版ミュージカルで、77年前の作品である。
片岡知恵蔵(当時36歳)、志村喬(当時34歳)の(後年の2人を知る人間としては、とんでもない作品)映画界の大スターが、ジャズに併せて歌うという楽しい作品となっている。

共演者は、ディック・ミネ、服部富子、市川春代、深水藤子で、ディック・ミネは歌手が本業だが、出演者の歌声が軽やかで聞きやすい。
脚本は、マキノ監督が江戸川浩二名で執筆し、31歳という若さにも関わらず、製作時既に100本以上の作品を監督しており、生まれながらにしての才能が花開いた戦前・戦後を代表する大監督である。

時代劇で歌い・踊るのは東映で継承されたが、この作品は戦前の作品で、出来が良いし、片岡千恵蔵、志村喬の歌声にはびっくりである。
宮使いを嫌って気楽な浪人暮らしの浅井禮三郎(片岡千恵蔵)を巡っての恋愛騒動が物語の土台になっているのだが、3人の女性にモテまくるという役で明るい物語となっている。
恋愛騒動に、骨董品の偽物騒動が絡んだ作品で、にこにこ笑いながら楽しむ作品となっている。

主演の片岡千恵蔵が、病気で出番が減り、その分志村喬とディック・ミネの出番が増えたとのことだが、帰ってその方が作品全体を、明るくしたのではないだろうか。
重厚な演技派というイメージの志村喬にこんな作品があったとは、驚きである。

カメラ(撮影)は、若かりし頃の宮川一夫で、「銀残し」という撮影技法を編み出し、世界中の映画で使用されるようになったという、日本が世界に誇る名カメラマンである。数々の名作を担当しており、巨匠と呼ばれる監督達の信頼が高かったカメラマンである。

こんな洒落た作品を、80年前に製作していたということに驚くが、戦前の日本の映画のレベルの高さに、ビックリ・ポンである。

“毎日が映画日和” 100点(満点以外にない驚きである)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

七つの顔(片岡千恵蔵) [日本映画 名作クラシック]

☆七つの顔
(1946(昭和21)年製作、松田定次監督、原作・脚本:比佐芳武、
撮影:石本秀雄 音楽:西悟郎
片岡千恵蔵、月形龍之介、轟夕起子、喜多川千鶴、服部富子、原健作、上田吉二郎、香川良介、丸山英子)
   
名作日本映画の1本!!
荒唐無稽な物語として、評論家諸氏からは酷評だった「多羅尾伴内」シリーズの記念すべき第1作である。

戦後GHQの指示により、時代劇は製作できなかったため、庶民の娯楽作品として、探偵ものが製作された時代である。
評論家諸氏の酷評とは裏腹に、映画は大ヒットし戦後の荒んだ庶民の心をスカッと楽しくさせ人気を呼んだものと思われる。大映で4本制作され、大映の経営陣の姿勢に怒った千恵蔵が、大映を退社し最終的には東映でさらにパワーアップした「多羅尾伴内」シリーズを7作制作し、1960年の「七つの顔の男だぜ」を最後にシリーズは終了した。

東洋劇場のショーに出演中の歌手清川みどり(轟夕起子)が、放火の騒ぎの合間に仮面を被った男女2人に誘拐され、支援者から送られた100万円のダイヤのネックレスが盗まれる。(劇場のシーンは、本物の劇場を使い見事な演出、宝塚出身の歌声も中々で、痩せている轟夕起子を始めてみる)

奇術師として劇場出演している藤村泰造(片岡千恵蔵)は、ダイヤのネックレスを見てきっと災いを招くと予言する。
犯行の舞台となった元政治家の館野々村家の屋敷と二人の兄妹、運転手の鈴木の所在、妹の指に嵌められた指環、知事選への出馬等が、謎解きのポイントとなる。
解放された歌手みどりの証言で、野々宮信吾(月形龍之介)なる人物が逮捕され、妹は私立探偵多羅尾伴内が匿ってしまう。
多羅尾伴内は、2人の兄妹は無実と確信し、裏に潜む陰謀を暴いていく。

さまざまな伏線が散りばめられ、盗難事件の犯人にすることでメリットを享受できる政治家達が共謀し、野々村失脚を画策したことが発端で、影で陰謀を操るのは、子爵(原健作)で、政治家達を操り権力を握ろうとする悪党である。
ここからは、得意の七色変化で真相を暴き、事件を解決するという物語。

決め台詞は、「ある時は多羅尾伴内、ある時は奇術師、ある時は老巡査、ある時は占い師、ある時は片目の運転手、しかしてその実体は藤村大造である」
昭和20年代初期に物心ついた人達には、一度は聞いたことのあるセリフだろう。上映時間もちょうど良く、“正義と真実の人藤村大造“シリーズは、解りやすい大衆娯楽作品で、難しく考えることのないのが良い、なかなか楽しめる作品となっている。

”毎日が映画日和“ 80点


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

弁天小僧 [日本映画 名作クラシック]

☆弁天小僧
(1958年制作 伊藤大輔監督、脚本:八尋不二、撮影:宮川一夫、音楽:斎藤一郎
市川雷蔵、勝新太郎、青山京子、阿井美千子、黒川弥太郎、河津清三郎、中村鴈治郎、田崎潤)

   
伊藤大輔監督は、時代劇の礎を築いた監督とは知っていたが、監督作品を観るのは「徳川家康」以来二度目である。サイレント時代の大河内伝次郎とのコンビで傑作を多く残した監督として知られ、脚本家としても数多くの作品を残している。

嵐寛寿郎の「鞍馬天狗」、片岡知恵蔵「宮本武蔵」、坂東妻三郎「王将」、大河内伝次郎「丹下左膳」など映画史に残る作品等を数多く残している。映画全盛時代に時代劇中心に活躍した名匠である。

市川雷蔵が主演の弁天小僧で、勝新太郎が遠山の金四郎役、中村鴈治朗、黒川弥太郎や川津清三郎、田崎潤などが脇を固め、セットの美術も見事な出来栄えで、時代劇らしい雰囲気が良く出ている。
町方が、弁天小僧の潜む船宿を取り囲む場面など岡っ引きなどが持つ提灯が、スケール感を感じさせる心憎い演出。

弁天小象が、助けることになる呉服商濱松屋の旦那は、昔自分を捨てた親だったこと、また娘が自分の妹で、無理やり結婚させられようとしていることも知り、仲間と一芝居打って助けるのだが、良く出来た脚本、演出もテンポよく楽しめる作品だった。

勝新太郎と市川雷蔵は仲が良く(18本以上共演)、勝新太郎が雷蔵を先輩としてたてていて、お互いに良き相談相手として切磋琢磨したらしい。

小林旭夫人で1967年引退した青山京子が、市川雷蔵を慕う娘役で可憐な姿をみせ、時代劇ではお馴染みの阿井美千子が、存在感を見せれば、悪役川津清三郎と弁天小僧の仲間黒川弥太郎が、存在感ある演技で印象に残る。

見応えある面白い映画で、楽しめた。
“毎日が映画日和” 75点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

地獄門 [日本映画 名作クラシック]

☆地獄門
(1953年製作 衣笠貞之助監督・脚色、撮影:杉山公平、音楽:芥川也寸志、原作:菊池寛、色彩指導:和田三造
長谷川一夫、京マチ子、山形勲、黒川弥太郎、田崎潤、千田是也、南美江、荒木道子、清水元、坂東好太郎)
     
剛腕で鳴らす武者が、見初めた人妻を強引に自分のものにしようとすることから、起こる悲劇を描く。
長谷川一夫、京マチ子、山形勲が、平康の乱の時代を背景に描く、歴史絵巻。

製作は大映で、初のイーストマンカラー(アメリカコダック社開発)を使用した映画で、大映初の総天然色映画として公開された。この映画は、カンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受章し、アカデミー賞名誉賞(外国語映画賞)、衣装デザイン賞を受章し、他の映画賞でも数多くの賞を受賞している。

簡潔な映画で、構成力が優れている。いたずらに長くする必要はなく、89分の上映時間も程よい長さ。
恋い焦がれる盛遠役を長谷川一夫、その相手、袈裟役は京マチ子、その夫渡辺渡役は山形勲が扮し、豪華なきらびやかな衣装に身を包み、スタジオ撮影の美術や装飾など、平安時代の雰囲気を見事に出している。

袈裟の夫への献身、独りよがりで身勝手な盛遠、控えめで思いやりの深い渡を描くことで、人間の普遍的な心の在り方、社会秩序の維持などを問いかける。
非常に日本らしい作品で、“和の美”が凝縮された映画となっている。

映画冒頭の叛乱の場面から、映画に引き込まれる演出で、見事な場面展開を見せる。物語のエピソードの積み重ねもわかり易く、良い映画は見応えもあるが、観やすい。60年以上前の映画だが、デジタルリマスター版での画面は、くっきりと美しく、色彩が見事で、衣笠流の様式美が冴える。

衣笠貞之助監督は、時代劇が多く、長谷川一夫と多くの作品を残している。日本作品のカンヌ国際映画祭でのパルムドール受賞作品は、26年後の「影武者」まで、待たなければならないという歴史的な名作でもある

“毎日が映画日和” 90点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

白い巨塔 [日本映画 名作クラシック]

☆白い巨塔
(1966年製作 山本薩夫監督、脚本:橋本忍、音楽:池野成、撮影:宗川信夫、原作:山崎豊子、製作:永田雅一
田宮二郎、田村高廣、東野英治郎、小沢栄太郎、滝沢修、石山健二郎、小川真由美、加藤嘉、下條正巳、加藤武、船越英二、鈴木瑞穂、清水将夫、藤村志保)
        
1963年~1965年までサンデー毎日に連載された山崎豊子原作の「白い巨塔」の映画化。
架空の大学病院における、退官教授の後任の選考を巡る争いと守るべき患者の命に向き合う医師の姿勢を問う、シリアスなサスペンスドラマで、骨太で重厚な映画を創る山本監督の評価を決定づけた作品となった。

浪速大学戝前助教授は、第一外科東教授の退官に伴う後任教授の椅子を狙い、その野望を隠すこともなく自信満々で、高飛車で高圧的な態度に反感を持つ人々も多い。一方、研究肌の里見助教授は、出世を望まずいかに患者を救うかを考え、日々新たな研究に取り組む誠実な助教授で、映画ではこの二人の姿勢を対比させながら、医者本来の使命を問う物語ともなっている。

教授選は、退官する東教授が、他大学から候補を擁立したため、熾烈を極め第1回目では決着がつかず大学内の派閥抗争も絡み、泥試合の様相を呈し、虚々実々の駆け引きの末、戝前助教授が当選する。その頃、戝前は、里見助教授の依頼で、噴門癌手術を執刀した患者の様態が急変し、周囲の助言を聞き入れず誤診の末処方を誤り死に至らしめてしまう。映画後半はその裁判が中心で、誤診だったのかどうかが問われるが、結果鑑定人の船尾教授(滝沢修)に、戝前助教授の取り組み姿勢については激しく糾弾されるものの、誤診とは言えないとの助言から無罪となる。

船尾教授は、東都大学外科教授で、日本医学会の重鎮にして厚生労働省、文部省にも影響力或る人物で、教授選に際しては東教授の依頼で、対立候補を擁立したこともあって戝前助教授が絶対不利と思われていたが、日本医学会全体を考慮した発言の前に、患者側が敗れる結果となる。

原作とは、登場人物や状況が違う箇所があるものの、本筋はしっかりと脚色されており、この映画を観た観客はその内容に、驚いたことだろう。開業医を大学病院に残れなかった落第者と決めつけ、退官後も主導権を握るため、戝前助教授より御しやすい人物を教授にしようと画策する東教授や部内の権力把握に執念を燃やす医学部長鵜飼や地元医師会の会長や船尾教授等を観ていると、何処の世界も似た様な世界だということが良く分る。

このあと、山本薩夫監督は、「華麗なる一族」で、金融業界の暗躍と鉄鋼業界を描き、「不毛地帯」では、次期戦闘機選定を巡る元陸軍将校勤務の商社と自衛隊を題材とし「金環食」では政官財のダム工事に関わる汚職事件を描く。常に社会派として日本の暗部にメスを入れる大作監督としてヒット作を連発し話題を集めた。

この映画は、150分という長篇ながら、モノクロ画面が緊張感をさらに高め社会派サスペンス映画として優れていて、多くの登場人物を見事に整理した橋本忍の脚本も素晴らしいが、出演陣の個性をうまく引き出した山本監督の最高傑作ではないだろうか。(1960年代以前の映画はほとんど知らないのだが)

出演陣はいずれも好演だが、滝沢修や小沢栄太郎の存在感は抜群で、主演の田宮二郎は彼のベストの演技だったのではないか。

“毎日が映画日和” 90点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

乱れる [日本映画 名作クラシック]

☆乱れる(1964年公開 成瀬巳喜男監督、松山善三脚本、音楽:斎藤一郎
 撮影:安本淳  高峰秀子、加山雄三、三益愛子、草笛光子、白川由美、中北千枝子、北村和夫、藤木悠、浜美枝、浦辺粂子、清水元)
    
成瀬監督は女心を描く達人である。揺れる兄嫁の女心を高峰秀子に巧みに演じさせる。
当時の世相を映画に取り入れるのが、うまい監督でこの映画でもスーパーの進出を社会的背景として捉え、商店街の経営が厳しくなってくることを暗示している。店を仕切ってきた義姉と思いを寄せる弟との実らない儚い物語を描いている。

戦争で夫を亡くしたまま、嫁いだ先の店を取り仕切る義姉役を高峰秀子が演じ、思いを寄せる弟役を加山雄三が演じる、脇を名優たちが固める見応えのある作品である。
成瀬監督は、悲恋物が好きなのかこのところ見た作品は、結婚してハッピーエンドとか、主人公の男女が結ばれるということは無い。切ない余韻の残る映画ばかりである。

なかなかありえない設定ではあるが、加山雄三の若さゆえの一途さと、思いを寄せられ困りながらもまだ女を捨てきれない高峰の表情が切ない。揺れる心のまま一夜の宿を求めるが、それが思わぬ結果を招き人生とは皮肉なものだと言わんばかりである。

当時の山形県銀山温泉が、物語の最後の舞台として出てくるのが温泉好きとしてはうれしい。建物は、改築・新築で変わったが、雰囲気は今も当時のままであった。1955年に、高峰秀子と結婚する松山善三が脚本を書いている。
(その時の仲人が、作家川口松太郎と三益愛子夫婦である。)
“毎日が映画日和” 70点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
日本映画 名作クラシック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。