So-net無料ブログ作成
名作クラシック ブログトップ
前の10件 | -

赤線地帯(溝口健二監督) [名作クラシック]

☆赤線地帯(溝口健二監督)
(1956年製作、溝口健二監督、脚本:成沢昌茂、撮影:宮川一夫、音楽:黛敏郎、原作:芝木好子
若尾文子、京マチ子、小暮実千代、三益愛子、進藤英太郎、沢村貞子、浦辺粂子、町田博子、川上康子、菅原謙二、加東大介、多々良純)

   
溝口健二監督の遺作となった作品。
赤線吉原を舞台とした現代劇で、特定の主人公はいないが、娼館で働く娼婦たちみんなが主人公の群像劇となっている。

東京吉原の特殊飲食店「夢の里」で働く娼婦たちの人生を綴った作品で、当時
売春防止法が制定されるかどうかの時期で、正にタイムリーな現代劇だった。
それぞれの事情を抱え娼婦として生きる女性たちを描いた作品としては、戦後のガード下で、身体を武器に女性グループ同士の争いを描いた「肉体の門」が知られるが、(数回映画化されている)この作品は、女性達の生き方やそれぞれの事情を過激な暴力描写や愛欲シーンなどは無く、女たちの生き様が、せつなくまた逞しく描かれている。

馴染み客と結婚するが上手くいかず、戻ってくるより江、病気の夫と子供を抱えて家計を支えるハナエ(木暮実千代)、一人息子のために一生懸命頑張って働くのだが、職業を知られ息子から絶縁され発狂するゆめ子(三益愛子)、会社の金を使い込み貢いでくれた客に殺されかけるやすみ(若尾文子)は、娼婦仲間に金を貸して儲け、倒産して夜逃げした布団屋の主人に収まり娼婦を卒業していく。
大阪から働きに来たミッキーは(京マチ子)は、明るく金使いの荒いやんちゃ娘で、暗く沈みがちな映画に明るさを与えている。

「夢の里」の経営者を演ずるのは、溝口作品の常連、進藤英太郎で、その妻を沢村貞子が演じている。菅原謙二や加東大介、多々良純、田中春男、十朱久雄、浦辺粂子など芸達者な俳優達をキャスティング、映画に深みと安定感を持たせるキャスティングとなっている。。
特に老娼を演じた三益愛子の熱演と、小暮実千代の存在感が凄い。

溝口得意の歴史劇、戦国絵巻と違う味わいで、時代に翻弄された女性達をさまざまなエピソードで綴る、86分という上映時間にまとめた作品で、溝口組のスタッフを集めた名作、当時の世相と風情が感じられる作品となっている。

“毎日が映画日和”75点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ファニー・ガール「Funny Girl」 [名作クラシック]

☆ファニー・ガール「Funny Girl」
(1968年製作、ウィリアム・ワイラー監督、脚本:イソベル・レナ―ト、音楽:ウォルター・シャーフ、撮影:ハリーストラドリング、
バーブラ・ストライサンド、オマー・シャリフ、アン・フランシス、ウォルター・ピジョン、ケイ・メドフォード、ジェラルド・モア、リー・アレン)

バーブラ・ストライサンドの圧倒的なパワーに圧倒され、オマー・シャリフの洗練された佇まいに魅了されるミュージカル作品。
ウィリアム・ワイラー監督晩年の傑作である。
バーブラ・ストライサンドは、クラブ歌手からブロードウェイへ、舞台でも演じたファニー・ブライスの役を映画でも演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞している。
トニー賞、エミー賞6回、グラミー賞10回、ゴールデングローブ賞11回、アカデミー賞は2回受賞という輝かしい実績を誇る歌手であり、女優であり、映画監督も作曲も手がけるマルチウーマンでもある。
この作品は、実際にブロードウェイで活躍した喜劇女優ファニー・ブライスの自伝のミュージカルを映画化した作品で、ニック(オマー・シャリフ)との出会いと別れ、ファニーの舞台女優としての成功と家庭生活を描いたクラシックスタイルの名作である。
監督のウィリアム・ワイラーは、アカデミー賞監督賞ノミネート12回、監督賞受賞3回という輝かしい実績を誇るハリウッドの巨匠中の巨匠で、監督賞受賞作品「ミニヴァ―夫人:Mrs.Miniver」「彼らの生涯の最良の年:The Best Years of Our Lives」「ベン・ハー:Ben Hur」の他にも「ローマの休日:Roman Holiday」「おしゃれ泥棒:How to Steal a Million」「大いなる西部:The Big Country」等数多くの傑作、名作がある。
スケールの大きな作品で、ニックの乗船する客船を、タグ・ボートで追いかけるニューヨーク湾や自由の女神像を背景に、引いていくカメラの遠望シーンが素晴らしい。

舞台ステージでの歌唱シーンの伸びのある、迫力さえ感じる歌声は、バーバラ・ストライサンドならではの美しい高音となり、感動を呼ぶ。
圧倒的な迫力の美しい歌唱力は、バーブラの真骨頂で、続編(1975年)「ファニー・レディ:Funny Lady」でも美しい歌声を聞かせている。
劇場主ジーグフィールドを演ずるウォルター・ピジョン、舞台女優にアン・フランシス、母親役にケイ・メドフォード等のベテランも好演、アメリカ国内では、製作費の4倍近い興行成績を残し、続編が製作された。
バーバラ・ストライサンドの歌を聞くだけでも、価値のある作品。

“毎日が映画日和” 85点


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

黒水仙「Black Nercissus」 [名作クラシック]

☆黒水仙「Black Nercissus」
(1947年製作、マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー監督:脚本・製作、音楽:ブライアン・イースデイル、撮影:ジャック・カーディフ
デボラ・カー、フローラ・ロブソン、ジーン・シモンズ、デヴィット・ファーラー、サブー、キャスリーン・バイロン)
     
インド、ヒマラヤの奥地で医療と教育に従事する5人の尼僧の物語。
ヒマラヤロケは難しく、英国の田園地帯に巨大なセットを組み撮影したとのこと。アカデミー賞では、撮影賞(ジャック・カーディフ)、美術賞(アルフレード・ユンゲ)を見事受賞している。

デボラ・カーが、尼僧のリーダー役で清楚な美しい姿を見せる。この女優は、「白い砂:Heaven Knows ,Mr,Allison」でも尼僧役を演じている。尼僧の僻地での過酷な活動を描いた作品で、信仰への迷い、葛藤、肉欲という人間の本能を真摯に描いた作品となっている。

デボラ・カーは、アカデミー賞主演女優賞6度ノミネートの無冠の女王だが、その演技力は評価が高く、この映画でも信仰と神への愛を貫こうとする尼僧役を卓越した演技力で見せてくれる。
気品漂う女優で、「ゼンダ城の虜:The Prisoner of Zenda」「地上より永遠に:From Here toEternity」「王様と私:The King and I」「めぐり逢い:An Affair to Remember」「悲しみよこんにちは:Bonjour tristesse」など数多くの名作に出演している。

山深い僧院の雰囲気を出すのに、かなり苦労したと撮影者ジャック・カーディフは著書「マジックアワー」の中で述べているが、山々の背景を描いた絵や、セットの建物をそれらしく撮影したジャック・カーディフのテクニックが素晴らしく、とても美しい映像となっている。

肉欲に溺れ、人をねたむ修道女が死亡することで彼女たちの奉仕活動も終わりを迎えるのだが、新たな信仰への強い思いが湧きおこるというストーリー。
マイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーは多くの作品でコンビを組んでおり、名作を数多く世に送りだした名匠コンビである。

多くの作品は、未見だが「将軍月光に消ゆ:ⅢMet by Moonlight」
は、第2次世界大戦のクレタ島でのドイツ軍将校の誘拐を描いた戦争サスペンスで、とても面白かった。研究の余地ありの監督たちである。

“毎日が映画日和” 80点



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

海賊キッド「Captain Kidd」 [名作クラシック]

☆海賊キッド「Captain Kidd」
(1945年制作 ローランド・V・リー監督、脚本:ノーマン・ライリー・レイン、撮影:アーチ―・スタウト、音楽:デヴィッド・チャドナウ、ウェルナー・ジャンセン、原作:ロバート・N・リー
チャールズ・ロートン、ランドルフ・スコット、バーバラ・ブリトン、レジナルド・オーウェン、ジョン・キャラダイン、ギルバート・ローランド)
     
1940年代~50年代に盛んに制作された海賊を描いた作品の1本。
怪優チャールズ・ロートンが、海賊キャプテン・キッドに扮し、権謀術策を巡らす悪役を演じている。一方、父親ブレイン卿が海賊の汚名を着せられ、キッドに殺され真相を探る息子アダム・マーシーに西部劇のスター、ランドルフ・スコットが扮し、自ら海賊となり敵の仲間として侵入する正義漢溢れる役を演じている。

インドから帰国する大使の舟の護衛を、国王直々に命じられたキャプテン・キッドは、大使の舟を爆薬で沈め、財宝を奪い、真相に気付いたマーシーと大使の令嬢アンや従者を襲い、秘密を知る者はいないとロンドンへ帰るのだが、国王との面会の際、生きていたマーシーと令嬢アンから真相を聞かされた国王は、キッドを逮捕し処刑するというストーリー。

海賊映画としては、剣劇シーンも少なく、ストーリーの面白さで何とか魅力を出そうとした映画で、比較的地味な作品となっている。
見所は、チャールズ・ロートンの演技で、既にアカデミー賞主演男優賞(ヘンリー8世の私生活:The Private Life of Henry Ⅷ)を受賞しており、数々の舞台や映画(「戦艦バウンティ号の叛乱:Mutiny on the Bounty」や「噫無情:Les Miserables」他多数)に出演していたこともあって、貫禄の演技を見せる。

ランドルフ・スコットは、西部劇を中心に活躍したハリウッドスターで、この作品は47歳での出演である。颯爽とした剣劇アクションというまでは行かなかったが、父親の汚名を晴らす役で西部劇とはまた違う魅力を発揮している。
特撮もちょっと幼稚で、もう少し迫力が欲しかったところ。

令嬢アン役のバーバラ・ブリトンは、テレビや映画で活躍した女優で、華やかさには欠けるものの、整った美人顔で紅一点で、頑張っている。
もう少し、迫力ある場面が欲しかった作品。

“毎日が映画日和” 60点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

聖メリーの鐘「The Bells of St Mary's」 [名作クラシック]

☆聖メリーの鐘「The Bells of St Mary’s」
(1945年制作 レオ・マッケリー監督、脚本:ダドリー・ニコルズ、音楽:ロバート・エメット・ドーラン、音楽:ジョージ・バーンズ
ビング・クロスビー、イングリッド・バーグマン、ヘンリー・トラヴァース)
     
前年公開の「我が道を往く:Going My Way」の続編として、監督レオ・マッケリー、主演ビング・クロスビーの同じコンビで制作された。
聖メリー協会は、経営難に陥っていて、赴任したカトリック神父が、協会と傘下の学校を再建する物語。

映画は、人間性善説に基づいているため、悪意に満ちた登場人物はいない。
ましてや神父と修道女が主な出演者で、そこに子供たちが絡むとなれば、心温まる感動作となることは明白。
オマリー神父(ビング・クロズビー)と尼僧ベネディクト(イングリッド・バーグマン)の方針の違いが映画の軸になるが、結局はすべて丸く収まり、ハッピー・エンドとなる。

父親がいないことで問題を抱えるペッツィー(ジェーン・キャロル)の件で、神父と尼僧の考え方の違いを際立たせるが、表面だけでは気が付かない内面の問題を救って上げることが、大切だということに、結果として尼僧は気が付く。

その前段で、落第点はいくらが妥当なのかの問答があるが、あくまでも規則を守るべきという尼僧と、臨機応変に対応してもいいのではと考える神父のやりとりも、興味深かった。
建築業者のボガーディス(ヘンリー・トラヴァース)が、突如として心変わりする様や、医者のマッケイ(フィス・ウィリアムズ)が神父に感化を受ける様など、この映画ならではの脚本だろう。

「我が道を往く」と比較すると、物語の密度が異なっていて、今作はストーリ全体が、凡庸な感じがする。
イングリッド・バーグマンの出演がこの映画を救っていた。バーグマンの歌声が聞ける珍しい場面がある。歌う曲は彼女の出身国スェーデンの「it’s Spring」で、きれいな歌声。

”毎日が映画日和“ 70点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

女性No!「Woman of the year」 [名作クラシック]

☆女性NO1「Woman of the year」
(1943年公開  ジョージ・スティーブンス監督 リング・ラードナーJr,マイケル・カニン、音楽:フリッツ・ワックスマン、撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ、製作:ジョーセフ・L・マンキーウィッツ
スペンサー・トレイシー、キャサリン・ヘップバーン、フェイ・ベインター
レジナルド・オーウェン)
     
アメリカの誇る名優、スペンサー・トレイシーとキャサリン・ヘプバーンの初めての共演作で、この後2人は、スペンサー・トレイシーが亡くなるまで生活を共にすることとなる。(宗教的信仰により、離婚はしなかった)
生涯での共演作は9本とのこと。

映画は、男勝りの新聞記者テス(キャサリン・ヘプバーン)とスポーツ欄担当のサム(スペンサー・トレイシー)の出会いと結婚の物語。
キャサリン・ヘプバーンは、この映画でアカデミー賞女優賞にノミネート、パンツスーツ姿を貫き通した女優でも有名だが、身長が高くすらりとした肢体は、否が応でも目立つ存在で、役柄がぴったり合っている。この時、キャサリン36歳、トレイシー43歳で正に油の乗り切った時期での共演である。

当時のニューヨークの世相やファッションも垣間見れて、楽しめる映画となっている。アメリカンフットボールでの選手のユニフォームが超レトロなのも時代の流れを感じさせる。コメディタッチの恋愛ドラマで、結婚で大切なこととは、仕事中心の生活から家庭を顧みることが結婚を継続できることなのだと気付くまでを描く。

監督は、「ママの想い出」「シェーン」「陽のあたる場所」「ジャイアンツ」「偉大な生涯の物語」のジョージ・スティーブンスで、名作・傑作揃いで、この映画も洒脱なコメディタッチの映画で、楽しませてくれる。戦前の映画も名作揃いとのことで、早く見たい作品ばかりである。

キャサリンの部屋で抱き合いキスをする場面、2人が重なり合って黒いシルエットになる画面や大きな窓のカーテン越しに見えるニューヨークの摩天楼の明かりなど、白黒映画の特性を生かした撮影が見事である。

”毎日が映画日和“ 75点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドン・ファンの冒険「Adventures of Don Juen」 [名作クラシック]

☆ドン・ファンの冒険「Adventures of Don Juen」
(1948年制作 ヴィンセント・シャーマン監督 脚色:ジョージ・オッペンハイマー、ハリー・カーニッツ、 撮影:エルウッド・プレデル 音楽:マックス・スタイナー 原作:ハーバード・ダルマス
エロール・フリン、ヴィヴェカ・リンドフォース、ロバート・ダグラス、アラン・へイル、ロムニー・ブレント)
          
スペインの伝説上の人物で、女性をこよなく愛した恋多き男ドン・ファンの活躍する冒険活劇。
美男子俳優エロール・フリンがドン・ファンに扮し、世界制覇を企む宰相ロルカの陰謀を打ち砕く、スターがあくまでもスターであった時代の娯楽活劇映画。

日本でいえば、坂東妻三郎や大河内伝次郎が、大活躍していた時代の映画で、
勧善懲悪物で、ヒロインを助ける大衆受けのするクラシック映画である。
単純に楽しめる映画で、それ以上でもそれ以下でも無い。スタジオに設えたセットは大がかりなのだが、立ち回りでドン・ファンが飛び乗った階段の手すりから飛び降りるシーンで一瞬だがセットが揺らぐシーンがあったり、いかにも塗りつけた感じがする壁だったり、良き時代の映画づくりの一端も垣間見れて微笑ましい。

女優陣は、豪華な衣装と化粧で美人揃い。なかなか楽しい映画で、最初は暇つぶしにと思っていたのだが、途中からぐんぐん面白くなりあっという間にエンディングとなった。エロール・フリンは、50歳で亡くなったが、西部劇、海賊もの、剣劇や戦争物で活躍したスター中のスターで未見の映画が多い。マイケル・カーティス監督の作品で、オリヴィア・デ・ハビランドとコンビを組んだ作品が特に見てみたい。

女王役のヴィヴェカ・リンドフォースは、スェーデン出身の女優で、何とドン・シーゲル監督と結婚していた(1948年~1953年)美人女優である。気品のある女王を演じている。
従者役のアラン・へイルやロルカ役のロバート・ダグラスなど芸達者が脇を固め、ヴィンセント・シャーマン監督が手堅くまとめた家族で楽しめる映画となっている。ヴィンセント・シャーマン監督は、100歳まで生きた監督で、「北海の果て」「栄光の星の下に」「醜聞殺人事件」などの作品も是非見てみたい監督である。

”毎日が映画日和” 65点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンナとシャム王「Anna and the King of Sham」 [名作クラシック]

☆アンナとシャム王「Anna and the King of Sham」1946年制作 ジョン・クロムウェル監督、脚本:タルボット・ジェニングス、サリー・ベンソン 撮影:アーサー・C・ミラー 音楽:バーナード・ハーマン  原作:マーガレット・ランドン   アイリーン・ダン、レックス・ハリソン、リンダ・ダーネル、リー・J・コップ、ゲイル・ソンダガード)
       
ほとんどがセット撮影だと思われるが、タイの仏塔など、雰囲気が良く出ている映画で、美術や舞台設定の人達は、大変だったろうと思われる。
文明国家になろうと奮闘する国王と英国から来た女性教師の友情の物語で、
「王様と私」ユル・ブリンナーとデボラ・カー、「アンナと王様」チョウ・ユンファとジョディ・フォスターでも映画化されている。

主人公のアンナ(アンナ・レオノ―ウェンズは、実在の人物で、この映画は彼女の体験記を元に、マーガレット・ランドンという女流作家が書いた小説を映画化したもの。

1862年のチャクリ朝王様モンクット国王の要請で着任した家庭教師アンナが、王の子供たちや王のハーレムにいる女性たちを教育することになる。モンクット王は当時58歳、チュラロンコーン王子は11歳とのことで、アンナは6年間仕えた後、イギリスへ戻っている。翌年、モンクット国王は亡くなり、王子のチュラロンコーンが国王として即位しすることなる。

映画は、タイでは今でも上映禁止とのことですが、国王が独断的に描かれていることが、原因であるとのこと。
映画は、文化の違いや教育による人権への対応など、現実とは違うのではないかと思わせる部分もあるものの、描き方が面白く、レックス・ハリソンの熱演もさることながら、ラストに即位した王子が、部下に向かって、かしづくことは廃止すると宣言するあたりが、タイの近代国家への幕開けを告げる最高に盛り上がる場面となり興味深い。

アンナを演じたアイリーン・ダンは、ミュージカル畑出身の実力派で、5度のアカデミー賞候補に上ったほど。この映画でも気品あふれる女性教師を演じている。この映画の2人の主人公の演技が、この映画の成功の要因となったと思う。

名脇役リー・J・コップを思わぬ映画で思わぬ役柄と風貌で見れたのも楽しかったし、リンダ・ダーネルやゲイル・ソンダガートなど顔を黒くしてタイ人を演じているのも楽しい。映画として非常に面白く出来ており、ユル・ブリンー版とは、かなり違う内容となっていて、これはこれで良く出来た映画となっている。アカデミー賞撮影賞(白黒)、美術賞(白黒)を受賞している。

“映画はみんな面白い” 80点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

刑事「Un Maledetto Imbroglio」 [名作クラシック]

☆刑事「Un Maledetto Imbroglio」
(1959年制作 ピエトロ・ジェルミ監督・脚本 撮影:レオダニ・バルボーニ、音楽:カルロ・ルスティケリ
ピエトロ・ジェルミ、クラウデァ・カルディナーレ、フランコ・ファブリッツィ、エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、サーロ・ウルツィ、クラウディオ・ゴーラ、クリスティーナ・ガヨー二)
     
クラウディア・カルディナーレのデビュー作品として有名で、ピエトロ・ジェルミ監督・主演作品。主題歌「アモーレ・ミーヨ~死ぬほど愛して~」が、せつなく響く名作である。冒頭とエンディングで「アモーレ・ミーヨ」流れ印象に残る。

殺人事件の被害者に関係する人達のさまざまな思惑を描き、ピエトロ・ジェルミ扮する警部と部下の事件解決までの奮闘も描いている。
部下の刑事サーロが、ほのぼのとした演技で、場を和ませていてなかなか好演。
常にサンドイッチを頬張りながら、コミカルな味を出している。

ピエトロ・ジェルミ監督は、「鉄道員」「わらの男」でも有名で、今作では苦み走った表情を浮かべ、執念の警部役を演じている。
殺されるエレオノーラ・ロッシ・ドラゴや愛人役クリスティーナ・カヨーニが、美形で、役の雰囲気がよく出ている。

ローマのアパートに強盗が、入られたことから女中の恋人が、1週間後合鍵を作って、隣のアパートに侵入し、心ならずも見つけられた際に殺人を犯してしまう。容疑者を絞り込むが、決定的な証拠や証言がなく確証を掴めないでいるときに、女中の鍵からヒントを得て、犯人の特定ができるというストーリーで脚本が良く出来ていて、スタートからラストまで中だるみが無い。

映画としては面白く、クラウディア・カルディナーレが、警察車両に乗せられた恋人を裸足で追いかける箇所に「アモーレ・ミーヨ」が流れる場面は、物悲しい切ない場面だが、名シーンとして語り継がれることだろう。

C・Cのエキゾチックな表情と、グラマラスな肢体がまぶしい(21歳での出演)
“毎日が映画日和” 85点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

怪傑ゾロ「The Mark of Zero」 [名作クラシック]

☆怪傑ゾロ「The Mark of Zero」
(1940年制作 1948年公開 ルーベン・マムーリアン監督
脚本:ジョン・テインター・フート他2名 音楽:アルフレッド・ニューマン
撮影:アーサー・c・ミラー   タイロン・パワー、リンダ・ダーネル、ヘイジル・ラスボーン、ゲイル・ソンダガ‐ド、ユウジン・パレット、J/エドワード・ブロムバーグ、モンタギュー・ラブ)
     
アメリカの作家ジョンストン・マッカレーの「カピストラの疫病神」が原題。
ゾロとは、インディオが信奉する獣としての黒狐を意味するスペイン語。

良く知られた物語で、何度も映画化され、テレビシリーズとしても知られている。アラン・ドロンが演じた「ゾロ」(この映画も面白いのだが)は、印象は今一つだったが、このタイロン・パワー主演作品(この時26歳)は、わかり易くて面白い。

スペインの士官学校からアメリカロサンゼルス(スペイン軍の管轄)に呼び戻された主人公が、正義の味方として活躍する映画で、搾取を続ける悪漢どもを退治するヒーロー物。今では、定石通りの筋立てだが、ロサンゼルスが当時、スペイン領であることが良くわかる内容となっている。

アントニオ・バンデラス主演の「マスク・オブ・ゾロ」2作は(1998年、2005年)制作資金も潤沢で、CGも駆使しスケールの大きなスピーディーな作品の仕上がりで大ヒットしたが、この映画は、コメディータッチで何よりリラックスした雰囲気で鑑賞できる。

主演のタイロン・パワーは「長い灰色の線」「愛情物語」「陽はまた昇る」「娼婦」を見ているが、整った顔立ちの二枚目で、「娼婦」では、汚れ役にも挑戦していた。「ソロモンとシバの女王」撮影中に急死し、わずか44歳で亡くなっている。作品履歴を見ると見たい映画が多い俳優である。
1920年制作のダグラス・フェアバンクスの「奇傑ゾロ」も見たいものである。

“毎日が映画日和”70点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 名作クラシック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。