So-net無料ブログ作成
伝説のギャング ブログトップ

デリンジャー「Dillinger」 [伝説のギャング]

☆デリンジャー「Dillinger」
(1973年制作 ジョン・ミリアス監督・脚本 音楽:バリーデヴァーゾン 撮影:ジェールズ・ブレナー  ウォーレン・ウォーツ、ベン・ジョンソン、ミシェル・フィリップス、リチャード・ドレイファス、ハリー・ディン・スタントン、ジェフリー・ルイス、クロリス・リーチマン)


ジョン・ミリアス初の監督作品。
「ダーティーハリー1・2」や「地獄の黙示録」「大いなる勇者」、「ロイビーン」「今そこにある危機」の脚本家でもあり、監督作品としては、大好きな「風とライオン」や「ビッグ・ウエンズディー」でも知られている。

随所に見ごたえのあるシーンが描かれ、伝説のギャング達が、(デリンジャー、マシンガンケリー、ベビーフェース・ネルソン他)銀行強盗として暴れまわり射ちまくる。
FBI役のベン・ジョンソンの方がよほどギャングらしく見えるが、さすがにベテラン俳優で、あまりにも強すぎてこっちを主演にした方が良かったのではと思わせる。

デリンジャーの相手役のミシェル・フィリップスが、ママス&パパスのメンバーだったとは驚きで、アンナ・セージ役のクロリス・リーチマンが、この作品の2年前の「ラスト・ショー」でアカデミー賞助演女優賞を獲得していたのも、資料を見て、今回初めて知った。

悲劇的なラストが判ってはいるものの、どのように描かれるのか興味があったが、伝え聞く「赤いドレス」がこういうことだったのかと良く理解できたし、ウォーレン・ウォーツが、この映画より6年前出演の「夜の大捜査線」のお調子者の警察官とは違い、貫録も付き、堂に入った演技で見応えもあった。

デリンジャーをジョニー・デップが演じたマイケル・マン監督2011年の「パブリック・エネミーズ」も是非見たい。

“毎日が映画日和" 70点
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
伝説のギャング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。