So-net無料ブログ作成
ホラー映画が面白い ブログトップ

吸血鬼ドラキュラ [ホラー映画が面白い]

☆吸血鬼ドラキュラ「Dracula」
(1958年制作、テレンス・フィッシャー監督、脚本:ジミー・サングスター、音楽:ジェームズ・バーナード、撮影:ジャック・アッシャー、原作:ブラム・ストーカー、製作:ハマー・プロダクション
クリストファー・リー、ピーター・カッシング、マイケル・ガフ、メリッサ・
ストリブリング、チャールズ・ロイド・バック)
  
クラシックホラー再発見の1本!!

クリストファー・リーが、亡くなったとのニュース、満93歳だった。(合掌!)
最近では、「ロード・オブ・ザ・リング:The Lord of the Rings」の白装束の悪の魔法使いサルマン役で知られるが、戦後のホラー映画の名優として知られる大スターである。193センチの長身が、如何なく発揮されたのが、この「吸血鬼ドラキュラ」シリーズで、ハマープロ作品として9本制作され、全てドラキュラ伯爵を演じている。

ドラキュラ映画の傑作と言われるこの作品は、シンプルな脚本で、余計なことは一切省かれ、ヴァン・ヘルシング教授(ピーター・カッシング)との戦いが中心に描かれる。
舞台は、1885年、ルーマニアはトランシルヴァニアのドラキュラ城。

にんにく、十字架、陽の光などが、効果的に使用されスピード感溢れる映画となっている。黒いマント、黒の衣裳で、白髪、目元を赤くしたメー・キャップが、クリストファー・リーの風貌とマッチし、ドラキュラのイメージを固定したとさえ言われる怖さを堪能できる。怪奇派映画への出演も多く、「ドラキュラ」シリーズ、「怪人フーマンチュウ」シリーズなど多くのハマー・プロダクション制作の映画で活躍した。

生涯22作共演したピーター・カッシングとの初期の共演作で、「フランケンシュタインの逆襲:The Curse of Frankenstein」が大ヒットしたことを受けて、次なる作品としてこの映画を制作したところ、さらなる大ヒットを記録し2人は世界的大スターとなった記念的作品でもある。

監督テレンス・フィッシャーは、ハマープロを中心に、モンスター、吸血鬼、オカルト映画を中心に
大活躍した監督で、B級映画というよりは、オカルト映画の巨匠という言葉が、良く似合う監督だった、見たい作品が沢山ある。

クリストファー・リーは「007黄金銃を持つ男:The Man with the Golden Gun」でのスカラマンガ役も印象深いが、多くの映画で名脇役を務めた俳優である。
独特の風貌を持つ2人の名優を、堪能できるクラシック・ホラーである。

“毎日が映画日和” 80点
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ホラー映画が面白い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。