So-net無料ブログ作成

悪い奴ほどよく眠る「黒澤明+三船敏郎」 [黒澤ワールドを堪能しよう!]

☆悪い奴ほどよく眠る
(1960年制作 黒澤明監督、脚本:小国英雄、久坂栄二郎、黒澤明、菊島隆三、橋本忍、撮影:逢沢譲、音楽:佐藤勝
三船敏郎、森雅之、香川京子、志村喬、三橋達也、加藤武、藤原釜足、西村晃
笠智衆、宮口精二、藤田進、三井弘次、菅井きん、中村伸郎、南原宏治、山茶花究、田中邦衛)
   
父親を自殺に追い込んだ社会悪を暴き出し、復讐しようと立ち上がる男の物語。

黒澤監督作品らしい脚本作りで、エピソードの積み重ねに工夫が観られ、盛り上げ方が上手い。今回は脚本を5人がかりで手掛けているが、黒澤作品ではやはり、脚本が要となる。
妻となる佳子(香川京子)への思いなどちょっと描き切れていない部分もあるが、建設会社と公団との癒着をベースに、上司への服従と出世欲、金銭欲に取りつかれた会社員の悲哀も描く。

藤原釜足、西村晃、志村喬、加藤武、三橋達也等出番の多い脇役たちの熱演もあり、重厚で見応えある140分となっている。
この手の映画は、結局、巨悪は裁かれないままというパターンが多いのだが、この映画はまさにその走りとなった映画だろう。55年前という制作時の背景を考えると、致し方ない部分もあるのだろうが、現代では社会的制裁を首謀者に加えないと、観客は納得しないだろう。

森雅之が、公団副総裁役で、最初誰が演じているのかよく解らなかったほどで、役作りが、素晴らしい。娘まで裏切り、狡猾な抜け目のない役柄を演じ秀逸である。90億の工事を、120億で落札させ30億をピンハネしようとするからくりや、リベートは工事請負金の10%が相場であるというあたり、時代を感じさせる。
結局は、復讐に立ち上がった主人公西(三船敏郎)は、居場所を突き止めた副総裁の指示を受けた勢力に殺されてしまい、闇に葬られてしまうという結末。

検察側の人物を演じる、笠智衆、宮口精二等の出番をもう少し増やし、サスペンスを盛り上げてほしかった。
田中邦衛が、思わぬ場面にチョイ役で出演、俳優座養成所へ入って5年目の出演であった。香川京子は、黒澤作品で活躍した女優であるが、三船敏郎との共演も多かった。身体の不自由な役柄で三船敏郎演ずる西と結婚するものの、父親との板挟みで揺れる娘役を真摯に演じている。

黒澤作品が、最も光り輝いたのは、やはり三船敏郎(もう一人は、志村喬)の主演があったからである。黒澤作品を観ていくと、そのことが良くわかる。後年、プロダクションの経営のため、思うように映画に出演できなくなり、黒澤作品から遠ざかったが、やはり三船敏郎のいない黒澤映画は、魅力に欠けていた。
この映画でも、存在感が有り過ぎるとも思えるほどの熱気で、この人の演技からは、強い信念のような思いが感じられる。日本が生んだ偉大な俳優である。

“毎日が映画日和” 85点

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チャンピオン「Champion」 [暗く沈んだ独特の世界観]

☆チャンピオン「Champion」
(1949年制作、マーク・ロブソン監督、脚本:カール・フォアマン、撮影:フランコ・プラナー、音楽:ディミトリ・ティオムキン 制作:スタンリー・クレイマー
カーク・ダグラス、ルース・ローマン、アーサー・ケネディ、ジョン・ディ、
ポール・スチュワート、マリリン・マクスウェル、ローラ・オルブライト)
    
貧乏な兄弟が、伸上る成功物語と思いきや、チャンピオンとして君臨しながら、そのまま壮絶な死を迎える悲哀の滲む映画。

成功したくて、金持ちになりたくて折角手に入れたのに、限りない欲望が全てを壊していくという映画で、弟ミッジ役カーク・ダグラス(出演時33歳)が、大熱演。映画出演8本目にして、アカデミー賞主演男優賞の候補となり、この映画以降スターダムに駆け上がって行く。

映画は、ボクサーを目指し、成功していく過程を描きながらも、人間として様々な人たちを裏切り、利用していく様も描く。シリアスなタッチで、利用する人達、利用される人達が描かれていく。

足の悪い兄の役を、アーサー、・ケネディが人間としての尊厳を辛うじて保つ善人役を演じ、唯一救われる人物として描かれている。トレーナー、マネージャー役のポール・スチュワートが渋い役柄で、存在感を出している。

ギラギラした射す眼で、獲物を狙うがごとく、相手を倒していくボクシングシーンが、今見るとレトロで懐かしいムードを醸しだしている。
八百長問題にも触れ、指示に従わないことで、干されてしまうという現実は、今でも、ボクシングに関わらず、何処の世界でもありそうな話である。

マーク・ロブソン監督は、「トコリの橋:The Bridges at Toko-Ri」「脱走特急:Von Ryan’s Express」「名誉と栄光のためでなく:Lost Command」「大地震:Earthquake」など、「チャンピオン」同様力作が多い監督で、この映画の製作は、名監督としても名高いスタンリー・クレイマーである。

”毎日が映画日和“80点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アウトレイジ [キタノワールド全開!]

☆アウトレイジ
(2010年制作 北野武監督:脚本、音楽:鈴木慶一、撮影:柳島克己
ビートたけし、椎名桔平、小日向文世、三浦友和、北村総一郎、石橋蓮司、
國村隼、加瀬亮、杉本哲太、中野英雄、板谷由夏)
    
久しぶりに誕生した面白いヤクザ映画。
出演者が、個性を発揮してすこぶる面白い映画に仕上がっている。

銃撃シーン、殺戮シーンなどが頻繁に画面に描かれるので、凄惨なイメージがするものの、ストーリーは裏切りに次ぐ裏切りというか、会長の口車に乗せられて下っ端ヤクザが殺し合いを重ねる。

大友組の頭は、ビートたけしで、一本気な古いタイプのヤクザを演じ、独特の風貌、独特の演技の間、相変わらず存在感抜群である。
若頭加藤を演ずる三浦友和が、会長(北村総一郎)に徹底的にコケにされるが、最後はうち殺し、会長にとって代わる役で、いい味を出している。いぶし銀の風格が出始めてきた。これからが楽しみである。

この映画で、光っているのは、大友の子分水野役の椎名桔平で、画面を浚う活躍を見せ、助演賞をあげたいぐらいである。雰囲気がいい、顔が良い、もっともっと多くの作品で活躍して欲しい俳優である。
誰を信用していいかわからないという映画で、北野武監督のこだわりが随所に散りばめられ、最後まで緊張感が続く、力作映画となっている。

石橋蓮司、小日向文世、加瀬亮、中野英雄他、実力派俳優が脇を固め、隙の無い配役となっている。題材が題材だけに、大ヒット作とはいかなかったが、面白い映画だということは解ってくれたようで、8億円前後の興行収入となった。
(2012年続編が制作され、倍以上の興行収入となった。)

北野武監督のアイデア満載の映画で、暴力描写に独特の世界観があり、迫力もある。日本映画としては、珍しく銃撃戦の音が本物っぽい。
こんなやくざ映画を作れるのは、北野監督ぐらいではないか。

”毎日が映画日和“ 85点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

地獄門 [日本映画 名作クラシック]

☆地獄門
(1953年製作 衣笠貞之助監督・脚色、撮影:杉山公平、音楽:芥川也寸志、原作:菊池寛、色彩指導:和田三造
長谷川一夫、京マチ子、山形勲、黒川弥太郎、田崎潤、千田是也、南美江、荒木道子、清水元、坂東好太郎)
     
剛腕で鳴らす武者が、見初めた人妻を強引に自分のものにしようとすることから、起こる悲劇を描く。
長谷川一夫、京マチ子、山形勲が、平康の乱の時代を背景に描く、歴史絵巻。

製作は大映で、初のイーストマンカラー(アメリカコダック社開発)を使用した映画で、大映初の総天然色映画として公開された。この映画は、カンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受章し、アカデミー賞名誉賞(外国語映画賞)、衣装デザイン賞を受章し、他の映画賞でも数多くの賞を受賞している。

簡潔な映画で、構成力が優れている。いたずらに長くする必要はなく、89分の上映時間も程よい長さ。
恋い焦がれる盛遠役を長谷川一夫、その相手、袈裟役は京マチ子、その夫渡辺渡役は山形勲が扮し、豪華なきらびやかな衣装に身を包み、スタジオ撮影の美術や装飾など、平安時代の雰囲気を見事に出している。

袈裟の夫への献身、独りよがりで身勝手な盛遠、控えめで思いやりの深い渡を描くことで、人間の普遍的な心の在り方、社会秩序の維持などを問いかける。
非常に日本らしい作品で、“和の美”が凝縮された映画となっている。

映画冒頭の叛乱の場面から、映画に引き込まれる演出で、見事な場面展開を見せる。物語のエピソードの積み重ねもわかり易く、良い映画は見応えもあるが、観やすい。60年以上前の映画だが、デジタルリマスター版での画面は、くっきりと美しく、色彩が見事で、衣笠流の様式美が冴える。

衣笠貞之助監督は、時代劇が多く、長谷川一夫と多くの作品を残している。日本作品のカンヌ国際映画祭でのパルムドール受賞作品は、26年後の「影武者」まで、待たなければならないという歴史的な名作でもある

“毎日が映画日和” 90点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

オール・イズ・ロスト「All is Lost」 [頑張るベテランスター達]

☆オール・イズ・ロスト「All is Lost 」
(2013年製作、J・C・チャンダー監督・脚本、撮影:フランク・デマルコ
音楽:アレクサンダー・イーバート、水中撮影:ピーター・ズッカリーニ
ロバート・レッドフォード)
   
100分の映画で、出演者は、主人公のレッドフォード唯一人である。

海上を漂流していたコンテナに衝突したことで、ヨットに穴が開き、船室が浸水してしまう。
悪いことに、無線も携帯も使い物にならなくなり、操縦に必要な機器類も故障してしまう。
悪いことはそれだけでなく、暴風雨が襲う。船は水浸しで、もはや沈んで行くのを見るしかなく、救命ボートに移り生き延びようとする。

たった一人で、頼る物もなく孤独で過酷な運命に、立ち向かう姿を通して、決してあきらめない人間の生き様を描く。
ほとんど、台詞らしい台詞もなくレッドフォード(撮影時76歳)は、今迄の人生経験を生かし、そして映画の主題への深い理解を顔の演技、身体全体で表現する。1人で、出ずっぱりというのも、なかなか出来ることではないだろう。

観客に飽きさせない様に、監督も兼任するJ・C・チャンダーの脚本も見事で、この手の映画によくある魚を獲って飢えを凌ぐとか安易な場面は無い。
近くを通る貨物船等に救助を求めるが、気づかれずあきらめかけていたところ、最後に、救われるというストーリーで、一瞬海中に沈んでいく場面では、ああ死んでしまうのかと思わせるが、探している救助の明かりを見つけて浮上する。
最後は、ちょっと感動的な場面。

それにしても、このような映画を作ろうとすることも凄いが、主演を引き受けたレッドフォードも素晴らしい。
心意気に拍手である。

“毎日が映画日和” 85点(レッドフォードに10点プラス)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

曹操暗殺 三国志外伝 [歴史的人物を描いた独創的な作品]

☆曹操暗殺 三国志外伝
(2012年製作、チャオ・リンシャン監督、脚本:ワン・ピン、ワン・ハイリン、撮影:チャオ・シャオテン)
チョウ・ユンファ、リウ・イーフェイ、玉木宏、アレックス・スー、伊能静、チウ・シンジー、チー・チェン)    
   
「三国志」の登場人物で、悪役のイメージがつきまとう曹操の暗殺や、曹操と息子の確執、曹操と献帝の争いを描いた中国史劇。
曹操暗殺を謀ろうとする男女2人の儚い愛を描いた映画でもある。
曹操演ずる(チョウ・ユンファ)が貫録有り過ぎて、他の出演者を圧倒してしまい、チョウ・ユンファ独壇場の映画となっている。

ストーリー展開が、スムーズではなくわかりづらいシーンが多く、もう少し編集作業を整理していたら、もっとわかり易かったのではないだろうか。
曹操が居城とする「銅雀台」に入り込み簡単に曹操の傍らで仕える霊雎(リウ・イーフェイ)、出入り自由の恋人穆順(玉木宏)などの設定は、安易すぎるし、映画用に脚色しているとは言いながら、雑な演出と感じてしまう。
ラスト、亡くなった恋人を追うように、崖から馬ごと身を投げるシーンは、もう一つ感情が高ぶることもなく、あきらかに演出の失敗である。

また、曹操が、その場面に立ち会い、嘆き悲しむのも理解できない。
全体的に、辻褄が合うことはなく、過剰なアクションの演出や大げさな演技を見せるに終始する。
一種の、ファンタジー史劇を観ていると思えば、納得もできるが、あまりにも荒唐無稽な話過ぎる。

「三国志演義」の曹操暗殺計画を題材とした映画ということだが、西暦200年代の物語で、後漢末の魏帝として君臨した曹操を英雄視する、CGだらけの映画となっている。
もう少し、構成がしっかりとした映画を製作してほしかった。中国史劇には、このようなCG満載映画が多いが、中国の観客が好むのだろうか。

”毎日が映画日和” 50点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

カリフォルニア・ドールズ(ロバート・アルドリッチ監督)「・・・・All the Marbles」 [ロバート・アルドリッチの世界を楽しもう!]

☆カリフォルニア・ドールズ「・・・All the Marbles」
(1981年製作 ロバート・アルドリッチ監督、脚本:メル・フローマン、音楽:フランコ・デ・ヴォール、撮影:ジョセフ・バイロック
ピーター・フォーク、ヴィッキー・フレデリック、ローレン・ランドン、バート・ヤング、ジョン・ハンコック、リチャード・ジャッケル、)

     
ロバート・アルドリッチ監督の遺作となった作品。
痛快なスカッとする映画で、さすがアルドリッチと唸らせる。

男臭い映画の多かったアルドリッチが、女子プロレスラーを題材とし、サクセスストーリーを描いた。
マネージャー役のハリー(ピーター・フォーク)、プロレスラー役のアイリス(ヴィッキー・フレデリック)、モリー(ローレン・ランドン)の3人がとにかく大熱演。

レスラー役の2人は本物のレスラーなのではと間違えるほどで、よほど練習しないと出来なかったと思えるが、見事な受け身や技を披露している。悪徳プロモーター役の、バート・ヤングが上手いのか下手なのか良くわからないが、楽しめませてくれるし、用心棒役ジェローム(レニー・モンタナ)も笑わせてくれる。
何と、アルドリッチ映画の常連、リチャード・ジヤッケルが、八百長を仕切ろうとするレフェリーを演じコミカルな一面を見せているのには、びっくりする。

街から街へ渡り歩く、無名のタッグチーム・レスラーとマネージャーが、厳しい現実の中で、あの手この手で、売れっ子レスラーになろうと奮闘する。
とはいえ、ことさら貧しさを強調せず、アイリスがリノのショーに出場する為、身体を犠牲にする場面でも、深刻ぶった展開にはならず、カラッと明るく描かれる。

対戦する日本の芸者チームに、ミミ・萩原とジャンボ堀が出演、カリフォルニア・ドールズの宿敵は、過去1勝1敗の“トレドの虎”で、チャンピオンチームを演じているが、この2人も見事なプロレス技を披露している。
リノでの、決着戦は、否が応でも盛り上がるストーリーで、脚本も上手い。
時間の制約のあるなか、どんな決着になるかは、観てのお楽しみである。

映画のテンポも快調で、憎めないマネージャー役のピーター・フォークが、(「コロンボ:Columbo」で世界的な人気者となったが、83歳で亡くなるまで映画に出演している。)絶妙な演技を披露している。アルドリッチは、65歳でこの映画の2年後に亡くなっている。男臭い力の入った、スカッとした作品の多い監督だが、枯れた味わいの作品で、これはこれで、十分楽しめる。

あと10年ぐらいは、監督できただろうと思うと残念。
何と高倉健とはもう一度映画を作ろうと話をしていたとの秘話も残っている。(高倉健メモリーズに収録)

“毎日が映画日和” 80点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

二十四の瞳(木下恵介+高峰秀子) [珠玉の名作]

☆二十四の瞳
(1954年製作 木下恵介監督・脚本 音楽:木下忠司、撮影:飯田浩之
原作;壺井栄
高峰秀子、笠智衆、浦辺粂子、清川虹子、天本英世、明石潮、浪花千栄子、夏川静江、1年生12名 6年生12名、月丘夢路、田村高廣、)
   
60年前の映画で、涙が止まらない名作。

壺井栄の小説「二十四の瞳」を映画化したもので。昭和3年から昭和21年までの18年間を描いている。
原作では具体的な地名は明示されていないが、映画では、小豆島の岬の分校と本校を舞台とした先生と生徒の交流を綴りながら、第2次大戦前から戦後までの不安定な時代の人々の過酷な運命とその中で必死に生きていく健気な生徒たちと先生の人生を描く。

監督は、木下恵介監督で、他にも名作は数多いものの代表作として、永遠に語り継がれる反戦映画の傑作だろう。
主に小学1年生時代と小学校6年生時代が描かれ、(全国から良く似た兄弟を募集し、その中から選んだ子役たち)戦後に、岬の分校に先生として戻った大石先生とかつての教え子たちが集まる歓迎会の席上、自転車がプレゼンされる。(集まった生徒たちは、12人の内7名だった。)
ラストは、自転車で学校へ通う大石先生の姿で、フィードバックとなる。
教え子の内、戦争で3名の生徒を失くし、夫も戦死する。

人生の悲劇をうまく散りばめながら、子供達との学校生活を描く前半は、あどけない生徒たちの表情が、自然で爽やかな場面が続く。桜の木の下で学校唱歌を歌う場面や、足を怪我した先生のお見舞いへ行こうとする生徒たちとバスから降りて生徒たちへ駆け寄る大石先生の場面は後世に残る名場面である。

貧しくて旅行に行けない生徒など涙失くして観られない場面が続く中、卒業し、進学するもの、奉公に出るもの、人生は12歳で早くも過酷な試練を与える。
当時は、当たり前だったことと思うが、今見ると貧しさで人生が思うようにならなかった人達が多くいたことを、あらためて知ることとなる。

全編を通して木下恵介監督の徹底した戦争反対、権力へのアンチテーゼが貫かれ、声高にならず、生徒と先生との交流という、ごく自然な関係を描きながら、言論弾圧へのやんわりとした批判なども盛り込まれる。
何度見ても新たな発見がある映画で、涙失くして見られない映画でもある。
日本映画の良心が、沢山詰まった映画で、この優しさはなかなか他の映画では見られない。

“毎日が映画日和” 100点!文句なく満点!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

虹をつかむ男 [心あったまるハートフルな作品!]

☆虹をつかむ男
(1996年製作 山田洋次監督、脚本:浅間義隆、山田洋次、音楽:山本直純、山本純ノ介、撮影:長沼六男
 西田敏行、吉岡秀隆、田中裕子、田中邦衛、倍賞千恵子、前田吟、柳沢慎吾
 宮下順子、すまけい、松金よね子、神戸浩、下條正巳、三崎千恵子)
     
脚本の浅間義隆と山田洋次は、渥美清が死亡して製作できなくなった
「男はつらいよ」代替作品の脚本を作るに当たり、「寅さん」ファンへの欲求を満たすために
苦労したことと思うが、実は楽しんで作っていたのではないかと思える。

徳島県の美馬郡脇町という田舎の映画館を舞台に、描かれるこの物語は、映画
に対する想いが溢れる内容になっている。

劇中、挿入される映画は
・トイレの花子さん ・ニュー・シネマ・パラダイス ・鞍馬天狗・天狗廻状
・野菊の如き君なりき・かくも長き不在 ・雨に唄えば ・禁じられた遊び
・東京物語 ・男はつらいよ 
出演者の大半は、「男はつらいよ」のレギュラー陣だが、主演も「男はつらいよ」
の49作のゲスト出演だったという西田敏行、田中裕子である。

就職問題で、家を飛び出した平山亮(吉岡秀隆)が、流着いた街が徳島県の脇
町で、そこの映画館でアルバイトを始めることから、映画館館主の白銀活男(西田敏行)や
40年以上映写技師を務めている常さん(田中邦衛)と知り合い、彼等が映画
で地域の人々を幸せにし、芸術文化を守って行こうと奮闘しているのを知ることとなる。

ほのかに思いを寄せる八重子さんとの恋の行方、廃校になる最後の卒業生のための上映会とか、
巡回映画会や名画鑑賞会での仲間達との交流などが、山田流のほのぼのとした温かいタッチで綴られる。
間に合わせの企画にしては、善人達の醸し出す雰囲気が心地良い。

出来る事なら、八重子さんと活男の縁を結びたかったと思うが、続編を作ろう
との企画だったらしく、ここは寅さんに習い振られる設定としたのだろうか。

地方から映画館が消えてゆく状況が、良く理解できる映画で、今はDVDやネッ
トで簡単に観たい映画が入手できることから、地方の映画館はますます衰退していくことだろう。
そのうち、自宅にいながら大画面のスクリーンが自動的に出てきて、好きな映画をみられる時代になるだろう。
寂しいが、それが時代の移りかわりだろうか。

映画の主役、西田敏行、田中裕子、田中邦衛、吉岡秀隆等好感度の高い俳優陣
が、山田ワールドで、映画へのオマージュを綴った映画で、飽きることはなか
ったが、惜しいのはちょっと長すぎた、それともっと沢山の映画を紹介してほしかっ
た。続編も是非、観たいと思う。

”毎日が映画日和” 70点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

蜘蛛巣城(黒澤明+三船敏郎) [黒澤ワールドを堪能しよう!]

☆蜘蛛巣城
(1957年製作 黒澤明監督、脚本:菊島隆三、小国英雄、橋本忍、黒澤明
撮影:中井朝一、音楽:佐藤勝
三船敏郎、千秋実、志村喬、山田五十鈴、久保明、佐々木孝丸、浪花千栄子、木村功、中村伸郎、宮口精二)
     
シェークスピア原作「マクベス」を、橋本忍、菊島隆三、小国英雄、黒澤明が、脚色し、日本独特の芸能文化”能“の要素をふんだんに取り入れ、独特の様式美をみせる。

主君を殺して代わりに城主となるという題材は、あまり好まれないと思うが、敢えて映画化したのは、黒澤監督の自信のあらわれだろうか。
物の怪のシーンは、いわば鷲津武時(三船敏郎)の心の声と解釈するべきだろうか。武時をたき付ける妻役浅茅(山田五十鈴)の策略にも乗せられ、主君を裏切り、友人を裏切り、部下の信頼も失っていく武時は、いわば、人間の持つ欲望の象徴として描かれている。

ダイナミックな馬での追跡シーンは、黒沢映画ならではで、およそ60年前の映画にも拘らず迫力満点、なかなか他の映画では見ることはできない。
三船敏郎の狂気迫る姿、山田五十鈴の不気味な表情が何とも、おどろおどろしい雰囲気を出している。
戦友とでもいうべき三木義明(千秋実)の息子との養子縁組の場面、三木親子を殺害しようとするが、息子に逃げられ、人生の歯車が狂ってくる。

結局は、殺した主君国春(佐々木孝丸)の息子国丸と腹心小田切則保(志村喬)、三木の息子義照等に蜘蛛巣城を攻められ、動かないと思った蜘蛛の手の森が、動き始めたことで(実際は、則保が、枝葉を兵に持たせ城から見えない様に偽装したもの)物の怪の予言が現実の事となることが、味方の兵を裏切らせることとなる。

最後の弓矢で殺されるシーンは、あまりにも有名だが、実写だとのこと。勿論ワイヤーで、弓矢はコントロールされるのだが、三船はこのシーンでの恐怖から、黒澤監督を恨むようになって、酒を飲むと殺してやると息巻いたとのことである。
黒澤監督は、三船敏郎、志村喬の2人と組んだ時が最高に輝いていたのではないだろうか。晩年の映画は、難しくなってしまった。

「影武者」「乱」など国際的な評価も高く数々の映画祭で沢山の賞を貰っているが、どちらかというと、それまでの功績に対しての評価という見方の方が、合っているのではないだろうか。
映画としては「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」「天国と地獄」「赤ひげ」等の方がよほどわかり易く面白い。
映画は大衆芸術、多くの観客が喜んでくれるということから言えば、1975年の「赤ひげ」までが、黒澤明らしかったのではないだろうか。

“毎日が映画日和” 90点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。