So-net無料ブログ作成
検索選択

鉄格子の彼方「Le mura di Malapaga」 [ジャン・ギャバンの魅力満載!]

☆鉄格子の彼方「Le mura di Malapaga」
(1949年制作 ルネ・クレマン監督、脚本:チェザーレ・サバティーニ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、アルフレッド・グァリーニ、ピエール・ポスト、ジャン・オーランジュ、撮影:ルイ・バージュ、音楽:ロマン・ヴラド
ジャン・ギャバン、イザ・ミランダ、ヴェラ・タルキ、アンドレア・ケッキ
ロベール・ダルバン)
   
フランスで愛人を殺害した初老の男ピエール(ジャン・ギャバン)が、ジェノヴァに密航で辿り着く。
親切な女の子に助けられ歯医者で痛い歯を抜く段になって、両替したリラは贋金で、サイフまで擦られてしまったことに気が付く。
文無しのピエールは、無銭飲食で食事をする。食べ終わったピエールは、無銭飲食であることを告げ、警察へ連絡しろと言う。

冒頭の船倉で密航する場面から、レストランで食事するまでのシーンはジェノヴァの喧騒や人々の様子が、ドキュメンタリーを見る様な臨場感を醸しだしていて、雰囲気が良く伝わってくる。
切ない恋愛ドラマだが、母親と突然現れた見ず知らずの男との板挟みとなる、娘チェッキ―ナの心情が切ない。

警察が、来ていることを知らせようと2人の帰りを待つチェッキーナ、娘のせいで久しぶりに掴んだ女の幸せを逃がしたくないと会わない様にする母親の擦れ違い、観る者の胸を締め付ける場面だが、そのことが、ピエールの逮捕へ繋がってしまう。ちょっとした油断が、命取りになり、鉄格子の彼方へ行ってしまう。
イタリアの港町ジェノヴァを舞台に、ジャン・ギャバンがイザ・ミランダと奏でる束の間の恋の物語。

初期のルネ・クレマンをほとんど知らない世代だが、多くの作品が高い評価を受けている。1940年代~50年代の作品が、特に評価が高い。「鉄格子の彼方」「禁じられた遊び:Jeux interdits」ではアカデミー外国映画賞を受賞、その他ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン国際映画祭等でも上記の作品の他にも高い評価を受けている。

ジャン・ギャバンの魅力は何だろうか。手足の短いがっしりした体型、決して美男子ではない大きな顔、太い声、優しい眼差し、口数が少なく、決めたことはやり抜く等々多くの要素が重なり合い、頼れる男、信頼できる男、任せておけば安心な男とのイメージが、強烈である。晩年はギャングのボス役が多かったが、1930年代~50年代のギャバンの映画は見逃せない。

84分という短い映画だが、下町の雰囲気、下町の人情、余計なことはしゃべらないという近所同士の仁義も微笑ましい。
ルネ・クレマンの傑作で、イザ・ミランダが中年女性の悲哀を演じ見事である。

“毎日が映画日和” 80点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

聖メリーの鐘「The Bells of St Mary's」 [名作クラシック]

☆聖メリーの鐘「The Bells of St Mary’s」
(1945年制作 レオ・マッケリー監督、脚本:ダドリー・ニコルズ、音楽ロバート・エメット・ドーラン、音楽:ジョージ・バーンズ
ビング・クロスビー、イングリッドバーグマン、ヘンリー・トラヴァース)
     
前年公開の「我が道を往く:Going My Way」の続編として、監督レオ・マッケリー、主演ビング・クロスビーの同じコンビで制作された。
聖メリー協会は、経営難に陥っていて、赴任したカトリック神父が、協会と傘下の学校を再建する物語。

映画は、人間性善説に基づいているため、悪意に満ちた登場人物はいない。
ましてや神父と修道女が主な出演者で、そこに子供たちが絡むとなれば、心温まる感動作となることは明白。
オマリー神父(ビング・クロズビー)と尼僧ベネディクト(イングリッド・バーグマン)の方針の違いが映画の軸になるが、結局はすべて丸く収まり、ハッピー・エンドとなる。

父親がいないことで問題を抱えるペッツィー(ジェーン・キャロル)の件で、神父と尼僧の考え方の違いを際立たせるが、表面だけでは気が付かない内面の問題を救って上げることが、大切だということに、結果として尼僧は気が付く。

その前段で、落第点はいくらが妥当なのかの問答があるが、あくまでも規則を守るべきという尼僧と、臨機応変に対応してもいいのではと考える神父のやりとりも、興味深かった。
建築業者のボガーディス(ヘンリー・トラヴァース)が、突如として心変わりする様や、医者のマッケイ(フィス・ウィリアムズ)が神父に感化を受ける様など、この映画ならではの脚本だろう。

「我が道を往く」と比較すると、物語の密度が異なっていて、今作はストーリ全体が、凡庸な感じがする。
イングリッド・バーグマンの出演がこの映画を救っていた。バーグマンの歌声が聞ける珍しい場面がある。歌う曲は彼女の出身国スェーデンの「it’s Spring」で、きれいな歌声。

”毎日が映画日和“ 70点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ダラス・バイヤーズ・クラブ「Dallas Buyers Club」 [人生ドラマの傑作!!]

☆ダラス・バイヤーズ・クラブ「Dallas Buyers Club
(2013年製作、ジャン=マルク・ヴァレ監督、脚本:クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォラック、撮影:イヴ・ベランジュ、音楽:ボブ・ボーウェン
マシュー・マコノヒー、ジャレッド・トット、ジェニファー・ガーナ―、グリフィン・ダン、デニス・オヘア、スティーブ・ザーン)
    
時代は、1985年、新聞では、ハリウッドスター、ロックハドソンがエイズだったと騒いでいて、エイズやホモという言葉自体をあまり聞くことのなかった時代のドラマである。

ロデオカウボーイ、ロン(マシュー・マコノヒー)は女性と遊び、酒を飲む放蕩生活で、トレーラーでその日暮らしだったが、突如倒れ、病院で検査の結果HIV陽生の診断が下され、余命30日と言われてしまう。
周りの同僚からは差別され、嫌がらせも受ける。

そこからこの映画が、俄然面白くなる。ホモ嫌いのロンのベッドの隣にはレイヨン(ジャレッド・レト)がいた。
人違いで、俺は違うと言いながらも、猛烈にエイズを勉強し、AZTという治療薬のあること知り、不正に入手し飲み続けるが、満足しないロンは、メキシコへ行き、タッカーという医師と出会い、AZTは効果なく逆に死ぬのを早める薬だと知ることとなる。

会員制の薬販売の会社を立ち上げ、エイズ患者を救おうと病院で一緒だったレイヨンも仲間に入れ順調だったが、アメリカ食品医薬品局(FDA)の取り締まりを受けるようになる。製薬会社と癒着する病院、FDAという図式は、アメリカだけならず、恐らく世界中で同じような構図なのだろう。許可しない薬は服用できないし、臨床実験の結果問題ないとの結果が必用との名目である。
裁判で負け続けるが、同じ病気の仲間からはその勇気を讃えられ、7年後亡くなる。
これは実話の映画化でもある。

主演のマシュー・マコノヒー、助演のジャレッド・トットが共に、アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞に輝く極限の演技をみせる。マシュー・マコノヒーは、全くの別人に変化していて、納得の演技と受賞である。
政府機関との戦いに果敢に挑んでいくその勇気も、素晴らしい。

レイヨンが、最後恋人に連れられて病院に行くとき、「死にたくない」と泣いて訴えるシーンがあるが、とても切なく、世界中の治療薬を許可すればよいのにと素直に思うのだが、やはり解決しなくてはいけない問題も多いのだろう。そのためにもFTA協定が早く必用なのだろうか。
医療の在り方、臨床実験、薬の開発の問題など、多くの課題を描いた問題作として
非情に見応えのある作品だった。

“毎日が映画日和” 85点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

地中海式人生のレシピ「DIETA MEDITERRANEA1」 [独特の世界観が面白い!]

☆地中海式人生のレシピ「DIETA MEDITERRANEA1」
(2009年製作 ホアキン・オリストレル監督、脚本:ヨランダ・ガルシア・セラーノ、ホアキン・オリストレル、撮影:アルベルト・パスカル、音楽:ジョセフ・マス、サルバドーレ・ニエブラ
オリビア・モリーナ、パコ・レオン、アルフォンソ・バッサべ、カルメン・バラゲ、ロベルト・アルバレス、へネス・カステヨン)
     
コメントしづらい映画で、こういう人生があっても不思議ではないと思わせられるが、2人の男性と1名の女性が共同生活というと、フランソワ・トリフォー「突然炎のごとく:Jules et Jim」を思い浮かべるが、50年以上経過した現代の映画は、深刻ではなく明るいコメディタッチで描かれる。

レストランの家庭で育ち、勉強が嫌でシェフになりたいと願うソフィアが、ソフィア一筋の幼馴染トニ、自由奔放なフランソワと一緒に、シェフとして成功する物語。
シェフのソフィア、サービス担当のフランク、経理・管理担当のトニという役割で、一旦フランソワは離れていくが、3人共バランスが崩れ、再び3人一緒の生活に戻るというもの。

2人の男性と愛し合い、2人の子供を産んで3人が一緒に住んでいくという、欧米諸国や日本等では考えられない生活スタイルもあるよと、この映画は訴えている。勿論、自由に生きていいし、選択するのは本人経ちだから、周りはとやかくいうことはないだろう。

スペイン映画ということで、監督はじめスタッフ、キャストはほとんど馴染みが無く、知らない。
料理を、もっと沢山観たかったし、もう少し落ち着いた映画にすると見やすかったように思う。
こんな人生もあるよ という感じ。

“毎日が映画日和” 50点


タグ:理解不能
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミスター・ベースボール「Mr,Baseball」 [高倉健の魅力!!]

☆ミスター・ベースボール「Mr.Baseball」
(1992年製作、フレッド・スケピシ監督、脚本:ゲイリー・ロス、ケヴィン・クエイト、モンテ・メリック、撮影:イアン・ベイカー、音楽:ジェリー・ゴールドスミス
トム・セレック、高倉健、高梨亜矢、デニス・ヘイスバート、塩屋俊、浜村純)
     
高倉健が、中日ドラゴンズの監督役で出演したハリウッド作品で、主演のヤンキースから日本へトレードされた落ち目の強打者ジャック役は、トム・セレック(最近はもっぱらテレビで活躍、「Jesse Stoneシリーズ」「Blue Bloods」)。

チームメートとして、アドバイスをする同僚マックスに、デニス・ヘイスバートが扮している。(テレビ・映画多くの作品で、活躍する黒人男優、初期の「24」では、大統領役、「目撃:Absolute Power」ではシークレットサービス役を演じて印象深い)

日本の野球アメリカより一段低いと見下すジャックは、チームプレーには馴染めず、反抗的態度。
予想されるストーリー展開で、型通りの演出。
監督の娘(高梨亜矢)さんと恋仲になり、また高倉健扮する内山監督と胸襟を開いて話し合った後は、チームに協力して活躍する。7試合連続本塁打更新の打席で、監督のサインはヒッティングだが、チームの勝利のため、決勝のバントスクイズを決め勝利にこだわるという、変身ぶりを見せる。そして仲直りした恋人ヒロコを連れてMLBデトロイトタイガースへ移籍するという物語。

アメリカから日本へ移籍する元大リーガー達は、まずはこの映画を観た方がいいのではないだろうか。
高倉健が、監督に扮してコメディも問題ないところをみせている。あまり知られていない健さんの隠れた一面が発見できる作品である。

健さんは「燃える戦場:Too Late the Hero」「ブラック・レイン:Black Lain」「ザ・ヤクザ:The Yakuza」
そしてこの作品と、ハリウッド作品には4本出演していて、流暢な英語を話す。
もっと、多くのハリウッド作品で活躍して欲しかった。

“毎日が映画日和” 65点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キングコング1976「King Kong」 [名作のリメイク作品]

☆キングコング1976「King Kong」
(1976年製作、ジョン・ギラーミン監督、脚本:ロレンツォ・センブル・ジュニア、音楽:ジョン・バリー、撮影:リチャード・H・クライン
製作:ディノ・デ・ラウランティス
ジェシカ・ラング、ジェフ・ブリッジス、チャールズ・グローディン、ルネ・オーベルジュノワ、エド・ローター、ジョン・ランドルフ)
      
1933年「キングコング」のリメイク版だが、時代は制作当時の1977年に設定されている。
また石油会社が、新たな油田開発のため、スラバヤへ向かうことに変更されている。アン・ドワン(ジェシカ・ラング)は、最初から調査船に乗っておらず、救援信号の出ていた別の船が遭難し、救命ボートに乗っているところを助けられるという設定。ジェフ・ブリッジスが、大学の古生物学者ジャック役、石油会社調査員ウィルソンを、チャールズ・グローディンが演じている。

2005年版、ピーター・ジャクソン版とは、比較にはならないが、暇つぶしには持って来いの映画で、思った以上に楽しめた。
コングも含め特撮は、ちょっとしょぼいがジェシカ・ラングの魅力が満開で、この映画がデビュー作。

ディノ・デ・ラウランティスが、巨費を投じて制作した大作なのだが、映画の出来とは別で興行的には大成功を納め、日本でも1977年洋画配給収入第1位30億円を記録している。
ラウランティスは、イタリア出身の大プロデューサーだが、芸術的な玄人受けする映画というよりは、大衆受けする娯楽映画中心に映画作りという印象で、この映画も多少の荒っぽさは大目に見てよという感じである。

ジョン・ギラーミン監督は、アクション大作を得意にし、「タワーリング・インフェルノ:The Towering Inferno」を1974年に監督していることから、この作品で白羽の矢が立ったとのこと。いろんな要素を詰め込んで、何とかまとめたという映画である。ニューヨークで、コングが登るのは、エンパイア・ステート・ビルではなく、世界貿易センタービルで、火炎放射器の攻撃を受けると、もう片方のビルへジャンプするという場面もみれる。
ジェシカ・ラングの初々しい魅力を満喫する映画である。

“毎日が映画日和” 65点

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

モンテ・ウォルシュ「Monte Walsh」 [渋い西部劇の代表作]

☆モンテ・ウォルシュ「Monte Walsh」
(1970年制作、ウィリアム・A・フレーカ―監督、原作:ジャック・シェーファー、脚色:ルーカス・ヘラー、ディヴィット・ツェラグ・グッドマン
撮影:デヴィット・M・ウォルシュ、音楽:ジョン・バリー
リー・マーヴィン、ジャック・パランス、ジャンヌ・モロウ、ミッチ・ライアン、ジム・ディヴィス、マット・クラーク、マリン・アン・マクレリー)
     
新しい時代の波が、西部にも押し寄せカウボウイ達も時代の流れに合せて将来を考えざる負えない時代を迎えていた。
もはや若くはない2人のカウボウイ、モンテ(リー・マービン)とチェット(ジャック・パランス)は、とある牧場に雇われる。
牧場での、生活風景が微笑ましいし、反目しあうような関係もなく、厳しい中にも平穏な日々があったが、経営者の意向で若手の牧童が、3人解雇される。

解雇された3人が、ならず者となり、映画にも波乱が起きてくる。ルーファス(マット・クラーク)を追ってきた連邦保安官を殺してしまったことから、モンテとチェットが、何かと気に掛けていたショーティー(ミッチ・ライアン)も逃亡生活を送る羽目となる。

仕事が無く、結局は、牧場から牛を盗んでは売って現金を得たり、チェットが牧童を止め、結婚し夫婦で営む金物屋へ押し込み、チェットを射殺したりとすっかり荒くれ者に変身していたショーティーを、モンテは親友の仇討ちとばかりに追うこととなる。

その途中、将来を夢見て、結婚を誓っていたマルティーニ(ジャンヌ・モロウ)が、死んでしまう。
マルティーニは、フランスからアメリカへ流れてきた娼婦だが、モンテとの結婚を夢見ていた。残された小さなBOXには、モンテが、以前別れ際に挙げたお金が、そのまま残されていた。胸打つシーンである。

西部開拓時代の終焉を背景に、不器用な男たちを淡々と描く、これから先が見えない時代、カウボウイしかできない男たちの切ない物語。
モンテが、白い暴れ馬を調教する場面は、カウボウイの意地を見せる迫力ある調教シーンとなっており、この映画で最も印象に残るシーンである。

リー・マーヴィン、ジャック・パランス、ジャンヌ・モロウの3大スターの共演は、なかなか見られない共演で、それだけでもうれしい。
監督ウィリアム・A・フレーカ-は、撮影監督として多くの映画を手懸けた名カメラマンで、代表作には「ブリット:Bullitt」「ローズマリー赤ちゃん:Rosemary’s baby」「イルカの日:The day of the Dolphin」「ミスター・グッドバーを探して:Looking for Mr,Goodbar」等々、この作品は監督作品として、心に残る名作となった。大変好きな、好みの映画である。

”毎日が映画日和″ 90点




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブラック・サンデー「Black Sunday」 [手に汗握るサスペンス!!]

ブラック・サンデー「Black Sunday」
(1977年製作、ジョン・フランハイマー監督、脚本:アーネスト・レーマン、ケネス・ロス、アイヴァン・モファット、音楽:ジョン・ウィリアムス、撮影:ジョン・A・アロンゾ
ロバート・ショウ、ブルース・ダーン、マルト・ケラー、べキム・フェーミュ、ステーィブン・キーツ、サム・コーリー、マイケル・V・ガッツォ)
     
政治的な理由から公開されなかったトマス・ハリス原作の「ブラック・サンデー」の映画化。
トマス・ハリスといえば、「レッド・ドラゴン」「ハンニバル」「羊たちの沈黙」のレクター博士シリーズで知られる小説家で、寡作の小説家である。

パレスチナ・ゲリラ(マルト・ケラー、べキム・フューミュ)によるアメリカへの攻撃を題材としている。
協力するのがベトナム戦争で、捕虜となったことで精神的な苦痛を追っている飛行船の操縦士マイケル(ブルース・ダーン)で、FBIと一緒に阻止するのが、イスラエル諜報機関カバコフ少佐(ロバート・ショウ)と彼の仲間である。

スーパー・ボウルの会場で、飛行船からプラスチック爆弾を爆発させ、8万人の観客に向けて20万発以上のライフルダーツを打ち込んで皆殺しをしようとする計画で、冒頭から伏線があれこれ描かれる。
監督は、ジョン・フランケンハイマ-で、1960年代~70年代の作品は、傑作、名作だらけ「終身犯:Birdman of Alkcatraz」「影なき狙撃者:The Manchurian Candedate」「五月の7日間:Seven Days in May」「大列車作戦:The Train」「グラン・プリ:Grand Prix」「フレンチ・コネクション2:French ConnectionⅡ」等々、男臭い骨太の映画を得意としていた。

「グラン・プリ」はF1グラン・プリを題材とした映画で、三船敏郎やイヴ・モンタン、ジェームズ・ガーナ―を起用した大作で傑作だった。1980年代に入ってからは精彩を欠き、晩年はテレビ映画等で活躍した。

丁寧な映画作りで、脚本も面白いのだが、キャスティングに華が無かった。ロバート・ショウはなかなか強面で、熱演だったが映画の面白さとは別で、華やかなキャスティングにして欲しかった。もっと話題になりヒットしたと思うのだが、、、。

面白さは太鼓判で、脚本が良く出来ている(原作も面白い)し、大作感も十分出ているし、特撮も合成だが、頑張っている。途中挿入されるさまざまなエピソードも良く出来ていて、楽しめる。
ラストも、テロリストを殺害し、飛行船を爆破しテロを阻止したところで、エンドロールとなるのもあっさりしていて良い。
観ないと損する映画!必見!!

”毎日が映画日和” 85点



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エンド・オブ・ザ・ホワイトハウス「Olympus Has Fallen」 [ハリウッドお得意のスペクタクル作品]

☆エンド・オブ・ザ・ホワイトハウス「Olympus Has Fallen」
(2013年製作、アントワーン・フークア監督、脚本:クレイトン:ロ―デンベルガー、カトリン・ベネディクト、音楽:トレヴァー・モリス、撮影:コンラッド・W・ホール
ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、リック・ユーン、アンジェラ・バセット、メリッサ・レオ、ロバート・フォスター、アシュレイ・ジャッド)

   
ハリウッドお得意の大鑑巨砲主義スペクタクル作品。
ホワイトハウスが、テロ集団によって乗っ取られ、大統領も拘束され、シ-クレットサービスのバニング捜査官が、活躍する物語。 
 
1年半前に任務中に大統領夫人を事故で死なせてしまい、任務を外れデスクワーク中のバニングが、韓国大統領訪米団の中に紛れ込み、北朝鮮を装ってホワイトハウスを襲撃し、占拠したテロリスト集団と遭遇する。
次々と倒れる警護官や警察官、ほとんど味方がいなくなったホワイトハウスで、孤立無援の中、敵に立ち向かう。

第七艦隊の撤退や核弾頭ミサイル防衛システムの解除を要求し、アメリカ政府の反撃をことごとく封じ込める。
良く出来た物語なのだが、ホワイトハウスが、このような攻撃で陥落してしまうのは、ちょっと意外で、実際はさまざまな防衛、防御システムが施されていると思うが、、、、、、。

映画なので、観客がハラハラドキドキするように、作られているので、ご都合主義の箇所も沢山あるが、観ていて力の入る映画であることは間違いない。
ジェラルド・バトラーが、タフなシークレット・サービスを演じていて、なかなか雰囲気が出ている。大統領役のアーロン・エッカートも主演級だし、モーガン・フリーマンも準主役で、キャスティングもいい具合。
CGもたっぷり使われ、迫力ある画面をみせるが、それ以上でもそれ以下でも無い。

最後は、ジェラルド・バトラーが、敵を倒しめでたしめでたしとなるが、こういう映画は、アイデア勝負なので、そういう意味では、合格の部類。
あという間の2時間だった。

“毎日が映画日和” 75点




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヒドュン「The Hidden」 [SF映画の傑作!]

☆ヒドュン「The Hidden」
(1987年製作 ジャック・ショルダー監督 脚本:ボブ・ハント、撮影:ジャック・ヘイトキン、音楽マイケル・コンヴェルティーノ
マイケル・マクラクラン、マイケル・ヌーリー、エド・オロス、クルー・ギャラガー、キャサリン・キヤノン、クラウディア・クリスチャン)

最初観たとき、面白さにびっくりしたが、今回確認できたのは、とにかくマイナー感がごく良い。
大作ではない、ビッグスターが出ていない、アクションに派手さはない、エイリアンがしょぼい等々。
ただ、主人公の異星人ロイド(カイル・マクラクラン)の物悲しい雰囲気が良い、もう一人の主人公ベック
(マイケル・ヌーリー)の優しさが良い、エイリアンが移り住む6人+1匹のキャラクターが、抜群に良い。
       
その中でも、デブリ-ズ(クリス・マルケイ)の風貌とふてぶてしさ、次に寄生するジョナサン(ウィリアム・ボイエット)の身体は、限界が来てエイリアンが腕からはみ出そうとするのを、ガムテープで塞いだりと荒々しい中にもユーモアもみせ。

次に寄生するブレンダ(クラウディア・クリスチャン)のグラマラスなダイナマイト・ボディが強烈な印象を与える、犬に寄生される刑事部長、当然のことながら刑事部長も寄生され、ベックの相棒クリフ(エド・オロス)にも寄生され、打つ手がなくなるが、最後に寄生した議員を火炎放射器で焼き殺し、苦しくなったエイリアンが出てきたところを特別な銃で、エイリアンを殺すが、ベックもエイリアンとの銃撃戦で瀕死の重傷を負う、異星人ンを殺し、家族の復讐を果たしたロイドは、ベックの家族のため自ら、ロイドへ寄生するのだった。

スピーディーな展開、予想のつかないストーリー、ときどき挿入される家族への想いなど、良く練られた脚本で面白すぎる。上映時間も95分と理想的。
アクション・ホラー・SF映画として、抜群の出来栄え。

“毎日が映画日和”100点(マイナー感に満点!!)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。