So-net無料ブログ作成
検索選択

鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん;マキノ正博監督) [日本映画 名作クラシック]

☆鴛鴦歌合戦(おしどり歌合戦)
(1939年制作、マキノ正博監督、脚本:江戸川浩二、オペレッタ構成・作詞:島田肇他、音楽大久保徳次郎、撮影:宮川一夫
片岡千恵蔵、志村喬、市川春代、香川良介、服部富子、深水藤子、ディック・ミネ)
   
江戸時代を舞台にした日本版ミュージカルで、77年前の作品である。
片岡知恵蔵(当時36歳)、志村喬(当時34歳)の(後年の2人を知る人間としては、とんでもない作品)映画界の大スターが、ジャズに併せて歌うという楽しい作品となっている。

共演者は、ディック・ミネ、服部富子、市川春代、深水藤子で、ディック・ミネは歌手が本業だが、出演者の歌声が軽やかで聞きやすい。
脚本は、マキノ監督が江戸川浩二名で執筆し、31歳という若さにも関わらず、製作時既に100本以上の作品を監督しており、生まれながらにしての才能が花開いた戦前・戦後を代表する大監督である。

時代劇で歌い・踊るのは東映で継承されたが、この作品は戦前の作品で、出来が良いし、片岡千恵蔵、志村喬の歌声にはびっくりである。
宮使いを嫌って気楽な浪人暮らしの浅井禮三郎(片岡千恵蔵)を巡っての恋愛騒動が物語の土台になっているのだが、3人の女性にモテまくるという役で明るい物語となっている。
恋愛騒動に、骨董品の偽物騒動が絡んだ作品で、にこにこ笑いながら楽しむ作品となっている。

主演の片岡千恵蔵が、病気で出番が減り、その分志村喬とディック・ミネの出番が増えたとのことだが、帰ってその方が作品全体を、明るくしたのではないだろうか。
重厚な演技派というイメージの志村喬にこんな作品があったとは、驚きである。

カメラ(撮影)は、若かりし頃の宮川一夫で、「銀残し」という撮影技法を編み出し、世界中の映画で使用されるようになったという、日本が世界に誇る名カメラマンである。数々の名作を担当しており、巨匠と呼ばれる監督達の信頼が高かったカメラマンである。

こんな洒落た作品を、80年前に製作していたということに驚くが、戦前の日本の映画のレベルの高さに、ビックリ・ポンである。

“毎日が映画日和” 100点(満点以外にない驚きである)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。