So-net無料ブログ作成
検索選択

男の旅立ち「The Culpepper Cattle Co」 [甘く切ない青春の想いで]

☆男の出発(たびだち)「The Culpepper Cattle Co」
(1972年制作、ディック・リチャーズ監督、脚本:エリック・パー子ヴィッチ、グレゴリー・プレンティス、撮影:ローレンス・エドワード・ウィリアムズ、ラルフ・ウールジー、音楽:トム・スコットジェリーゴールドスミス
ゲイリー・グライムズ、ビリー・グリーン・ブッシュ、ボー・ホプキンス、ジェフリー・ルイス、マット・クラーク、ジョン・マクライアム)
   
16歳の少年がカウボーイに憧れ、コックの助手とそして雇われ、テキサスからフォート・ルイスへキャトル・ドライブに旅立ち、さまざまな経験を経て母親の元へ帰ってゆくという青春西部劇。

ボスのフランク・カルペッパー初め、カウボーイ達を演ずる俳優達が渋い。
多くの映画で見かける、マット・クラークやジェフリー・ルイスが出演しているのも嬉しい。

牛泥棒との戦いで、仲間が死んだり、馬泥棒に襲われ、馬泥棒との撃ちあいなどを経験する中で、カウボーイの生活が甘いものでないことを知ってゆく。
キャトルドライブの途中で起こる、地主とのいざこざで、仲間を失い敵も全滅させるが、現実に直面することで、母親の元へ帰る決断をするという、青年期の男の成長物語をセピア色の画面の中で淡々と描いていく。

ディック・リチャーズ監督は、「さらば愛しき人よ:Farewell My Lovely」で、一躍注目を浴びた監督だが、「男の出発」が初監督作品である。
「トッツィー」の製作も手懸けている。

主演は、名作1971年制作「おもいでの夏:The Summer of 42’」で、主人公のハーミーを演じた、ゲイリー・グライムズで、成長過程の揺れる少年を演じているが、「おもいでの夏」同様の瑞々しい演技を見せ、この作品でもキャラクターに良く合っている。
壮絶なガンファイトやカウボーイたちの生活感も良く出ていて、牛の暴走や牛泥棒、馬泥棒なども脚本に上手く織り込み、西部劇の魅力を散りばめた佳作となっている。

少年が成長してゆく西部劇に、「11人のカウボーイ:The Cowboys;71」やガンマンとして非業の最期を遂げる若者を主人公とした同じくゲイリー・グライムズ主演の「スパイクス・ギャング:The Spikes Gang;74」など、少年が成長してゆく過程を描いた西部劇の傑作が多いのも1970年代前半の特徴を表している。

“毎日が映画日和” 75点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。