So-net無料ブログ作成
検索選択

マッケンナの黄金「Mackenna's Gold」 [一味捻った西部劇!]

☆マッケンナの黄金「Mackenna’s Gold
(1969年制作、J・リー・トンプソン監督、脚本:カール・フォアマン、撮影:ジョセフ・マクドナルド、音楽:クインシー・ジョーンズ
グレゴリー・ペック、オマー・シャリフ、カミラ・スパーヴ、テリー・サバラス、ジュリー・ニューマー、テッド・キャシディ、イーライ・ウォラック、エドワード・G・ロビンソン、レイモンド・マッセイ、バージェス・メレディス
リー・J・コップ、キーナン・ウィン、アンソニー・クェイル)
   
映画の醍醐味が満載で、128分があっと言う間の作品だった。
46年前ということで、合成映像など特殊撮影に多少違和感を覚えるものの
秘密の谷に眠る莫大な金塊を探す冒険西部劇で、タイトル・ロールのホセ・フィリシアーノの歌から、ワクワクする期待感を抱かせる。

ストーリー展開の良し悪しはさておいて出演者の顔触れが凄い、脚本家でプロデューサーのカール・フォアマンの力に寄るところが大きいと思うが、主人公の保安官マッケンナに、グレゴリー・ペック、お尋ね者でマッケンナの宿敵コロラドにオマー・シャリフと主演2人をどっしりと据えて、名優たちが脇を固め、スェーデン出身の美人女優カミラ・スパーヴ、マッケンナに恋するアパッチのハシュケ役ジュリー・ニューマーの2人が、スタイル抜群でそれぞれの魅力も全開で彩りを添えている。

“黄金の谷“が見つかるまでが、ちょっと長い感じがするが、保安官がコロラド一味と遭遇し、黄金に群がるベン・ベイカー(イーライ・ウォラック)等の黄金に取りつかれた欲深い連中が、途中で合流するが、その顔触れも凄い。新聞記者フラーにリー・J・コップ、神父にレイモンド・マッセイ、雑貨店主にバージェス・メレディス、黄金を見たことで目を潰されたという盲目老人に、エドワード・G・ロビンソンという錚々たる俳優達が、演技をする暇もなくアパッチに襲われ死んでゆく、ちょっと勿体ない気もするが、この手の映画には、賑やさも重要で必要なキャスティングでもある。

騎兵隊を率いるティッブス軍曹(テリー・サバラス)も、黄金に眼が眩み仲間に入、クライマックスを迎えるが、アパッチのハチタ(テッド・キャシディ)に殺される。
“黄金の谷”での特殊撮影もまあまあの出来映えで、J・リー・トンプソン監督の演出力も見事、楽しい作品に仕上っている。
トンプソン監督とグレゴリー・ペックは、「ナバロンの要塞:The Guns of Navarone」でもコンビを組んでおり、娯楽活劇作品で良い仕事をしている2人である。(製作者も脚本も同じ、カール・フォアマンである)

ラストのエンディングで、マッケンナの乗る馬に、黄金がバッグにしっかりと入っているのが、しゃれっ気たっぷりで笑わせる。(ティッブス軍曹が積んでいた馬)

“毎日が映画日和” 80点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。